ProductZine(プロダクトジン)

著者情報

  • 久津 佑介(株式会社グロービス)(ヒサツ ユウスケ)

    2009年に凸版印刷へ入社。エンジニアとして基幹システム開発等に従事。その後リクルートテクノロジーズに転職し、プロジェクトマネージャーとして各種プロジェクトのマネジメント、ビジネス戦略検討、要件定義、ベンダーマネジメントなどを担当。2017年からはロイヤリティマーケティングに出向し、プロダクトマネージャーとしてポイントアプリの開発・保守等の業務に従事。2019年にはCAMPFIREへうつり、新規事業の立ち上げやプロダクトマネジメント全般に関わる。2020年に現職のグロービスに入社し、法人向けプロダクトのプロダクトマネージャーを務める。

執筆記事

  • 2021/06/29

    火中の栗を拾え――書籍のような形式知だけでは実現が難しい、プロダクトマネージャーの打ち手の解像度を高めるために必要なこと

     日本でも徐々になじみの出てきた「プロダクトマネージャー(PM)」ですが、その役割や認識は業界、企業、人によってさまざま。これという正解はなく、みな手探りでプロダクトに向き合っているでしょう。そこで本連載では、プロダクトマネジメントにおいて最も重要だと思うことを、プロダクトマネージャーとして活躍する方や、プロダクト開発の現場の経験が豊富な方に、自らの経験を踏まえて解説していただきます。今回のテーマは「複雑な状況に対処するプロダクトマネージャーには、試行錯誤や観察、言語化を積み重ねることで解像度の...

1件中1~1件を表示
戻る


All contents copyright © 2021-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5