SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

Mixpanel, Incからのプロダクトティップス

プロダクトの改善に注力することが、新機能リリースと同じくらい大事な理由

Mixpanel, Incからのプロダクトティップス 第15回

 グローバルで7000社以上の導入実績をもつプロダクト分析ツールのベンダー「米Mixpanel社」のキーパーソンによる海外ブログ翻訳記事です。プロダクトマネージャーの日々の業務に役立つ、さまざまな知見をお届けします。今回は、新機能の追加と同じくらい重要な、ユーザーワークフローの段階的・継続的な改善について解説します。

編注

 原文:「Why focusing on product polish is as important as your next feature」。翻訳にあたり若干加筆修正を行っています。

ユーザー体験の維持に欠かせないユーザーワークフローの改善

 プロダクト、エンジニアリング、デザインの各チームは、「次に何を開発すべきか」についての意見が対立することがあります。ほとんどの場合、この議論は、「現在のプロダクトに新しい機能を追加すること」の検討から始まることが多いです。

 新機能の検討から新しいプロダクト開発に議論がステップアップするというこの流れは、まったく新しい機能や新しいプロダクトの開発につながったり、現在のプロダクトの価値をより高いレベルに引き上げたりする可能性があるため、このような議論が展開されることはとても素晴らしいことです。

 しかし、その一方で、現在のプロダクトにおいて、ユーザーワークフローを改善して、問題を取り除く、という選択肢もあります。具体的には、ユーザーが現状のプロダクトや機能が提供する価値によりアクセスしやすくなるよう、小規模で段階的なアップデートを行う、という方法です。このような改良は、魅力的な新機能の追加に比べると見過ごされがちですが、ユーザーの主要なエクスペリエンス(体験)を最新かつ使いやすく維持するためには欠かせないものです。

段階的なアップデートをおろそかにしないこと

 基本的に、段階的なアップデートを優先しないプロダクトチームは、まるで「機能だけを作成する工場」とも言えるような状態になってしまいます。これは、自分たちが作り上げてきた現状の価値を維持することなく、代わりに新しい価値を作り上げようとすることです。顧客の期待は時間とともに高まる傾向にあるため、プロダクトの品質改善に投資しないチームは、プロダクトのメインの利用環境が陳腐化してしまったり、ユーザビリティの問題が浮き彫りになったりする危険性があります。

 段階的なアップデートをする上で最も困難な部分は、ビジネスインパクトを正当化することです。このアップデートへの投資は、収益や市場シェアといった指標を直接的に向上させることよりも、ユーザーの将来的な離反を阻止することに貢献します。プロダクトはユーザーに価値を提供するものですが、もし、その利用の過程で多くの問題があれば、ユーザーは同じ価値を見つけようと、他のプロダクトを探し始めるでしょう。

 これらの問題は、一つひとつは小さなものですが、いくつも重なるとフラストレーションのたまるワークフローになっていきます。だからこそ、ユーザーがまだ気づいていないような問題に、先手で対処できる段階的なアップデートを積極的に行うことが重要なのです。後手後手では、手遅れとなり、ユーザーはプロダクトから離れていってしまうでしょう。

次のページ
適合性とアップデートの最後の仕上げ

この記事は参考になりましたか?

Mixpanel, Incからのプロダクトティップス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マーベリック・リー(Mixpanel, Inc)(マーベリック・リー)

Mixpanelのスタッフ プロダクトマネージャー。7年間に亘り、プロダクトチームとエンジニアチームにおいて活躍している。前職はLinkedInのSE。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

ルーク・ペッドデモーズ(Mixpanel, Inc)(ルーク・ペッドデモーズ)

Mixpanelのプロダクトマーケティング マネージャー。プロダクトチーム、マーケティングチームとともに、新機能のローンチや、製品価値のコミュニケーションを担当している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/2173 2023/11/29 10:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催