SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

「Agile Japan 2020」11月17・18日開催、今年のテーマは“変わる勇気・変えない勇気”

 「 Agile Japan 2020」は11月17日、18日にオンライン開催される。また、参加登録者向けのプレイベント「Welcome to Agile Japan 2020」を9月下旬より開催し、事前動画を公開している。

 Agile Japanは今年で12回目となる、日本最大規模のアジャイルに関するカンファレンス。

 Agile Japan 2020の実行委員長 中野安美氏は、今回の開催にあたって、「私たちは今までの仕組みや慣習を見つめ直し、未来に向けて変化へ飛び込み、勇気をもってチャレンジする時が来たと言えます。ただ、実際には現状を踏まえるとすぐには変えられない部分も多くあります。『変わる』『変えない』部分を大きな勇気をもって見極めていきましょう」とメッセージを送っている。

 今回の基調講演には、経済産業省 商務情報政策局情報経済課・アーキテクチャ戦略企画室長の和泉憲明氏が登壇。「New Normalの観点から可視化されるDX推進の課題と経済産業省の政策展開- 「2025年の崖」問題に対してアジャイルへ期待するDXの本質 -」と題した講演を行う。

 参加対象は、アジャイル開発を実践している方、アジャイルやスクラムに興味がある方、プロダクト改善やチーム変革に取り組むマネージャー、DX推進を課題とする経営者や部門責任者。

 参加費用は、10/16までの早割料金が1万6500円(税込)、団体料金が10枚で14万8500円(税込)(1割引)、10月17日から発売の通常料金が、2万2000円(税込)となっている。申し込みは公式サイトから可能。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/104 2020/10/05 18:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング