SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

フライング・ペンギンズ、デザインの多様な可能性を探求するWebメディア「Spectrum Tokyo」を開始

 UXデザインをコアとした独自のフレームワークと柔軟な支援体制を提供するフライング・ペンギンズは、デザインの多様性をテーマにしたWebメディア「Spectrum Tokyo(スペクトラムトーキョー)」を開始した。

 デザインの多様な可能性をテーマにした「Spectrum Tokyo」は、おもにデジタル領域のデザイン実践者を対象とし、特定の手法・思想に縛られることなく幅広いトピックに触れていくことで柔軟かつ本質的な気付きを提供するWebメディア。職種、業界、国籍を超えて自由にデザインについて対話できるプラットフォームを目指す。ミッションは、デザインというものの捉え方を拡張することで、複雑化する世の中の課題をクリエイティブに解決する人を増やすこと。Webメディアを起点にイベントやカンファレンスなども開催し、関心をともにする仲間との出会いの場も作っていく。

「Spectrum Tokyo」ページ
「Spectrum Tokyo」ページ

 現代のプロダクト作りにおいては、自分の専門領域を持ちつつ、幅広い視野と他領域との掛け算が必要。「Spectrum Tokyo」では、特定のテーマや領域に絞らず、ときには敢えて無作為にさまざまな気づきを提供する。「デザイン」をテーマにしているが、その対象は「デザイナー」に限定せず、広義の「デザイン」を楽しむことを目的としている。また、日本語と英語の2言語で配信することで、国内に留まらず海外との接点も積極的に作っていく。グローバルでは比較的語られる機会の少ない日本国内のデザイン事例などを英語で発信するほか、海外で活躍する人の話や事例などを取り上げていき、日本と海外をデザインでつなぐ。

 さらに、海外のデザイントレンドを知る手段としてデンマークのデザインカンファレンス「Design Matters(デザインマターズ)」ともパートナーシップを結んでおり、同社が運営しているメディア「DeMagSign」の和訳記事も配信する。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1156 2022/07/05 15:30

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング