SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

「ITトレンド上半期ランキング2022」が発表

 Innovation & Co.が運営するIT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」は、ITトレンドユーザーにもっとも支持されたIT製品をカテゴリーごとに紹介する「ITトレンド上半期ランキング2022」を、7月14日に発表した。

 ITトレンド上半期ランキング2022は、ITトレンドにおいてもっとも問い合わせが多かった製品を発表するランキングで、「勤怠管理・就業管理」や「販売管理」といった製品カテゴリーごとに、1月1日~5月31日の期間における資料請求数の合計数によって順位を付け、上位10製品を発表している。

 今回のランキングでは、見積管理、請求書受取サービス、AI-OCRといった部門が新設された。また、文書管理システムの資料請求数も増えていることから、ペーパーレス化のニーズの高まりが推察されるほか、倉庫管理(WMS)、物流管理などの資料請求数の増加が著しいため、モノの流れをシステム化して効率化する動きが活発になっていると考えられる。

 新設された部門のうち、見積管理では1位が「アラジンオフィス」(アイル)、2位が「KYOEI COMPASS Second Stage」(協栄産業)、3位が「見積デザイナー」(ユニオンシンク)、請求書受け取りサービスでは1位が「BtoBプラットフォーム 請求書」(インフォマート)、2位が「sweeep」(sweeep)、3位が「バクラク請求書(旧: LayerX インボイス)」(LayerX)、AI-OCRでは1位が「CLOVA OCR」(LINE)、2位が「eas」(うるるBPO)、3位が「SPA」(ウイングアーク1st)となった。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1177 2022/07/14 16:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング