SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

Relic、SaaSに特化したプロダクト開発支援サービス「Digital Innovation Studio for SaaS」の提供を開始

 Relicは、SaaSに特化したプロダクト開発支援サービス「Digital Innovation Studio for SaaS」の提供を、8月4日に開始した。

 Digital Innovation Studio for SaaSは、SaaS事業の立ち上げを含めて3000社・1万5000件を超える新規事業や新規サービス・プロダクト開発の実績や経験を活かして、同社のエンジニア/デザイナーがSaaSのプロダクト開発を支援するサービス。

 これらの知見を生かして高速でプロダクト開発を行い、事業成長を見据えた要件を提案することが可能であり、初期段階では機能を絞って最短でリリースし、グロースにともなって機能を追加、リリース後はデータ分析を行い改善ポイントを特定するなど、事業フェーズに応じた提案を行う。

 同社が行っている、AWSサーバ構築の定型化やアプリケーションの再利用可能なモジュールの独自開発、ノーコード/ローコードツールの導入などを通じて、運用の苦労やサービス負荷の増加による品質の低下といった問題を防ぎつつ、事業成長を見据えたシステム開発をリーズナブルな形で実現する。

 エンジニア/デザイナーによる支援だけではなく、グロースのプロフェッショナル集団が単にプロダクトを提供して終わりではなく、その後のスケールアップまで一貫して伴走することもできる。

サービス提供イメージ
サービス提供イメージ
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1227 2022/08/05 18:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング