SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

WACULの「B2BトップページAI診断」が1週間で2129サイトを分析、「合格」判定は54.2%にとどまる

 データ分析ツール「AI アナリスト」でマーケティングDXを自動化するWACULは、AIが「合格」「要改善」を1分で判定し、改善点を提案するサービス「B2BトップページAI診断」による分析回数が1週間(8月3日9時~8月10日9時)で2129件を突破したことを8月10日に発表した。また、すべての診断のうち人工知能が「合格」と判定した率は54.2%で、約半数のWebサイトで改善余地が残されていることがわかった。

 WACULではAIアナリストに連携された3万6000超のサイトアクセスデータと1万2000超の改善PDCAデータをもとに、サイト種別ごとに成果を出すための「勝ちパターン」を研究開発している。その中でもWebサイトのUIは、おおむね勝ちパターンが決まっているとし、同社では、WebサイトのUIが勝ちパターンに沿っているかの判定自動化に取り組んできた。そのファーストステップとして「B2BトップページAI診断」を開発し、8月3日に無料提供を開始した。

 「B2BトップページAI診断」では、BtoBサイトのトップページのURLを入力すると、顧客のWebサイトのトップページが成果の出る理想的なUIになっているかをAIが自動で判定。AIがトップページの情報を取得し、勝ちパターンに適合しているかを自動で判定する。判定結果は「合格」「不合格」のいずれかが表示される。分析結果表示の際には、同社の提唱する勝ちパターンに沿っていないとAIが判断する点について、「改善すべきポイント」として提示する。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1237 2022/08/17 15:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング