SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

アプリ集客、ASO対策が最重要ポイントであることが明らかに。Reproがアプリ運営者に調査

 Reproは、自社でモバイルアプリを運営しており、モバイルアプリの運営において事業全体の責任者、サービスのマーケティング責任者、サービスのマーケティング担当者、サービスの開発者のいずれかに該当する人を対象に実施した、「ASO(アプリストア最適化)対策 実態調査」の結果を3月28日に発表した。同調査は、1月26日~2月15日の期間に行われ、152名から回答を得ている。

 調査対象者に、重要視しているアプリマーケティング施策(集客)を尋ねたところ、「ASO(アプリストア最適化)対策」がもっとも多く、「自社Webサイト経由のインストール促進」「SNS広告」がそれに続いた。

アプリマーケティング施策(集客)の重要度ランキング
アプリマーケティング施策(集客)の重要度ランキング

 ASO対策への実際の取り組み状況を尋ねた質問では、「現在、取り組んでいる」(40.8%)が最多となり、「過去、取り組んだことがあり、今後も取り組む予定がある」と「過去、取り組んだことはないが、今後取り組む予定がある」を合わせた割合は約80%を占めている。

ASO対策の実施状況
ASO対策の実施状況

 現在、ASO対策に取り組んでいる人、および過去に取り組んだ経験がある人に対して、ASO対策の成果を尋ねたところ、「期待通りの成果が出ている」と「期待以上の成果が出ている」を合わせた割合は29.5%、「期待通りの成果は出ていない」という回答は35.7%と、成果に結びつかなかったケースが多い。また、「ASO対策の成果が測定できていない」と「わからない」を合わせた割合は34.8%に達し、運用や効果測定を行うための環境が整っていないことがうかがえる。

ASO対策の成果
ASO対策の成果

 ASO対策実施にあたって感じている課題としては(複数回答)、「ノウハウが足りていない」と「リソースが足りていない」が他を大きく引き離して上位を占めた。

ASO対策で抱えている課題
ASO対策で抱えている課題

 一方で、ASO対策の実施体制を尋ねた質問では、兼任または専任での内製とする回答が75.0%を占めている。

ASO対策の実施体制
ASO対策の実施体制

 ASO対策に対する将来的な体制を尋ねたところ、「完全に内製化したい」という回答が42.0%に達し、その理由としては「自社ノウハウが蓄積できる」が最多となった。その反面、現時点ではノウハウ・リソースの不足が課題として顕在化していることから、内製化志向が成果創出の足かせとなる懸念もある。

ASO対策に対する将来的な体制
ASO対策に対する将来的な体制
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1709 2023/03/29 15:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング