SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

生成AIの使用経験は8割超に達するも、企業におけるリテラシー教育やスキル育成の実施は1割未満に留まる

 Cynthialyは、同社が4月13日に開催した大規模オンラインイベント「Generative AI Business Day」の参加者を対象に実施した、ChatGPT・生成AIの活用に関するアンケート調査の結果を5月23日に発表した。同調査は、4月13日~21日の期間に行われ、1250名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、生成AIを使用した経験があるかを尋ねたところ、「使用したことがある」(50.6%)と「業務で使用したことがある」(33.4%)を合わせた割合が84%に達した。

 生成AIをどのような目的で使用しているかを尋ねた質問では、「アイディアの壁打ち」が最多となっている。

 生成AIに関する、社内セミナーや研修を実施しているかを尋ねたところ、研修などを実施している企業は7.9%に留まった。

 生成AIのトレンドや使用方法を学ぶために使用している媒体としては、「SNS」がもっとも多い。一方で、有償コンテンツを活用した情報収集は1.3%に留まった。

 Cynthialyは、ChatGPTなどの生成AI活用によって、社員の生産性向上を目指すリスキリング研修サービス「AI Performer」を提供している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1835 2023/05/26 11:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング