SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

「Figma」におけるタイポグラフィーの基本と文字レイアウト手法について解説するウェビナーが6月12日に開催

 クリーク・アンド・リバー社は、Webデザインツール「Figma」をより活用したいデザイナー、エンジニアなどを対象としたオンラインイベント「【Figma アップデート解説ウェビナー】タイポグラフィーの基本と、修正に強い文字レイアウト手法」を、6月12日に開催する。参加費は無料。

 ブラウザ上で作動するWebデザインツール「Figma」は、その利便性の高さからWebやゲームなど多くの制作現場で利用されている。本年3月のアップデートでは、タイポグラフィーの設定でバリアブルが使用できるようになり、多くのデザイナーやエンジニアの間で話題となった。同社では「Figma」のアップデート内容にフォーカスしたウェビナーを定期的に開催している。

 同ウェビナーは昨年6月と12月に開催した「Figmaアップデート解説ウェビナー」に続く第3弾となり、SNSでの情報発信や登壇活動など幅広く活動しているUXデザイナーの池原健治氏が講師を務める。

 記憶に残る印象的なビジュアルとしての文字をデザインすることや、読みやすさを重視して文字をレイアウトすることを意味するタイポグラフィー。今回は後者の意味にフォーカスし、「Figma」におけるタイポグラフィーの基本とレスポンシブデザインを意識した文字レイアウト、バリアブルを使ったテキストスタイルについて解説する。

 参加対象は「Figma」を使って読みやすい文章をデザインしたい人、レスポンシブデザインを作りたい人、デザインシステムを管理したい人など。

 ウェビナーの内容は以下の通り。

  • Figmaのテキストタイプの基本
  • テキストスタイルの作り方
  • 可変幅に対応した文字レイアウトの作り方
  • バリアブルを使用したタイポグラフィー
  • デザインシステムにおけるタイポグラフィー

 開催日時は6月12日の19時~20時30分。参加にはウェビナーページから事前の申し込みが必要となる。締め切りは6月12日の17時で、定員は300名。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/2634 2024/05/28 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング