SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

ripla、BPaaS戦略や初めてのSaaS開発を支援する「PdMによる無料相談」を開始

 riplaは、顧客のBPaaS(ビーパス/ビーパース、Business Process as a Service)戦略や初めてのSaaS開発を支援する「PdMによる無料相談」サービスの開始を発表した。

 同社はIT事業会社出身のプロダクトマネージャーを中心に、プロダクトの戦略業務(ビジネスアイデア検討、開発機能の企画、UI/UX設計や改善)から開発業務(デザイン作成や開発実装など)までワンストップで支援している。また、納品をゴールとする従来の開発会社とは異なり、プロダクトマネージャー・デザイナー・エンジニアが伴走しながら事業やプロダクトの成長に貢献する。

 同社ではこれまで、IT事業会社でプロダクト戦略や開発経験を積んだメンバーを集め、プロダクトの機能企画やUI/UX設計、デザイン作成や開発実装など、顧客のDX推進を支援してきた。

 その中で近年、顧客からBPaaSに関して相談を受けることが増え、顧客のBPaaS戦略の一環としてSaaS開発を支援する機会が増えてきた。

 BPaaSとは、BPOとSaaSを掛け合わせてBPOを進めるビジネスモデルで、特定の業務プロセスに関するBPO支援だけでなくSaaSによる業務効率化も掛け合わせて業務プロセスを包括的にDX化する取り組みのことを指している。

 営業代行、マーケティング、人事労務、経理、法務、購買調達など、特定業務のBPOをこれまで支援してきた企業がこれからは該当領域の業務効率化を推進するSaaSの提供もあわせて行うことで、顧客へのサービス価値の向上だけでなく競合との差別化を実現できる。そのためBPaaSは、さまざまな業界のDX推進を後押しできる解決策として注目されている。

 今回このような潮流や背景を踏まえ、また同社でもBPaaS戦略やSaaS開発の相談が増えている近況を受け、顧客の初めてのSaaS開発に対して、プロダクトマネージャーによる無料相談のサービスを開始することとなった。

 どのようなSaaSを開発したらよいか、どのような機能に絞って開発するべきか、どのくらいの費用で開発を進められるかなど、開発の戦略設計から実行面まで幅広く相談を受け付ける。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/2676 2024/06/11 15:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング