SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

UI/UX解析・CVR改善ツール「MIERUCA HEATMAP」、高度なユーザー行動分析を可能にする新機能を追加

 Faber Company(ファベルカンパニー)は、UI/UX解析・CVR改善ツール「MIERUCA HEATMAP(ミエルカヒートマップ)」に、新機能「イベントセグメント」を11月8日に追加した。

 MIERUCA HEATMAPは、Webサイトやランディングページのどこを・どのようにユーザーが見ているかを分析する、コンバージョン(CV)改善施策などに役立つツール。ユーザー行動が色で表現されるので、直感的にデータを理解することが可能で、UI/UXの問題点を把握しやすいなどのメリットがある。

 今回、追加されたイベントセグメントは、従来のMIERUCA HEATMAPではユーザー行動ごとの比較ができなかったため、「CVしたユーザーとCVしなかったユーザーの行動の違い」「売上につながったユーザーはどこを見ているのか」といった、より高度な分析が難しかった状態を解決する機能で、Cookie情報を用いることなくユーザー行動を分析するので、Cookie利用承認のポップアップの実装が不要で、MIERUCA HEATMAP上でゴールを設定するだけで分析が行える。

 イベントセグメントでは、指定したユーザー群の行動を可視化し、予約や問合せ、資料請求ページに遷移したユーザーが注目している箇所を目立つように配置したり、指定ページに遷移しないユーザーの行動を分析して、WebサイトやLPを変更したりといった改善を可能にする。

 また、目標達成地点となるURLリンクを「イベント」として設定するだけで、指定したイベント条件を達成したユーザー行動のみをヒートマップデータ化して表示し、過去に取得したデータがある場合は、イベント設定が完了し次第、そのデータを活用してユーザー行動を比較できるようになった。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/746 2021/11/09 16:23

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング