SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

ビジネスフレームワークツール「BizMake」、新機能や新料金プランを追加

 東京システムハウスは、アイデアの整理・共有ができるビジネスフレームワークツール「BizMake」において、ビジネスシーン別に必要なフレームワークをテンプレート化、またオリジナルテンプレートを作成できる新機能などを、11月24日にリリースした。

 今回のアップデートでは、「オリジナルテーマ作成機能」や進捗状況を可視化する「クエスト機能」が追加されたほか、サンプルテーマを選ぶことで利用場面に応じた最適なフレームワークが表示されるUIに変更されている。

 オリジナルテーマ作成機能では、企業やチームの考え方に沿ったフレームワークや頻繁に使用するフレームワークをグループ化して、オリジナルテーマとしてテンプレート化することが可能になっており、作成したオリジナルテーマは他のBizMakeユーザーとも共有できるので、企業やチーム内にて共通した流れでの思考整理が可能になる。なお、無料プランでは1つまで、有料プランなら無制限で利用できる。

オリジナルテーマ作成機能の画面イメージ
オリジナルテーマ作成機能の画面イメージ

 クエスト機能は、サンプルテーマのフェーズごとにフレームワークの入力完了率を数値化し、進捗状況を可視化する機能で、プロジェクト管理がこれまで以上にスムーズに行えるようになる。

クエスト機能の画面イメージ
クエスト機能の画面イメージ

 UIの変更では、フレームワークをどのタイミングでどのように使うべきかわからない、慣れていないといった人でも利用しやすいよう、新規プロジェクトの作成時にサンプルテーマが選択可能となっており、自身の状況にあったテーマを選択し、フェーズごとに表示されるフレームワークに沿ってアイデア発想・整理ができるようになった。

サンプルテーマの選択イメージ
サンプルテーマの選択イメージ

 そのほか、新料金プランとしてコンサルタント向けにクライアント企業の現状・課題を分析する際や改善提案を行う際に利用可能な「コンサルタントプラン」が追加されるとともに、5社限定で企業に合った「オリジナルテーマ作成(思考整理の型)」を考えるコンサルキャンペーンが、60分無料で実施される。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/772 2021/11/25 17:33

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング