SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

組織力向上プラットフォーム「Wevox」、組織のカルチャーを可視化する「Wevox Organizational Culture」の提供を開始

 アトラエは、同社が運営する組織力向上プラットフォーム「Wevox(ウィボックス)」において、組織のカルチャーを可視化する新サービス「Wevox Organizational Culture(Wevox組織カルチャー)」の提供を5月18日に開始した。

 これまで、Wevoxでは組織のエンゲージメントを可視化する「Wevox Engagement」をメインに提供してきたが、さまざまな組織と向き合う中で“組織課題の多くは組織カルチャーに起因する部分が多いのではないか”と考えたことから、アクション・デザインの代表取締役である加藤雅則氏、早稲田大学商学部の村瀬俊朗准教授との共同による、今回の「Wevox Organizational Culture」の開発に至っている。

 Wevox Organizational Cultureでは、8つの因子で組織カルチャーをモデル化し、組織のカルチャーを見える化する。また、組織カルチャーがどの組織階層で合意しているか、どこで合意できていないのかといった“コンセンサスの可視化”機能の開発も進められている。

 おもな機能の1つである「組織カルチャーサーベイ」では、組織内で共通認識が取れている「組織カルチャー」と、事業部署内で共通認識が取れている事業の特性に寄った「サブカルチャー」それぞれの因子の優先度を、相対的に回答する仕組みによって組織毎に優先される行動パターンを特定し、理想のカルチャーと現在のカルチャーとのギャップを組織全体や縦横の組織・チームごとに数値化する。

 また、現場の人々と経営層、現在と未来という4点の組み合わせで結果をレポートする「分析レポート」機能も備えており、現場組織の各層の人々が現在感じている組織カルチャーと、経営層が理想とする未来の組織カルチャーとのギャップを適切に把握することで、本来称賛されるべき行動(理想とされる組織カルチャー)を適切に称賛し、“組織の必勝パターン”としていくマネジメントを実現していく。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1049 2022/05/19 16:15

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング