SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

NEC、プロダクトの定着化とユーザーの行動分析を支援するプラットフォーム「Pendo」を日本国内で販売開始

 NECは、米国Pendo社(Pendo.io, Inc.)のデジタルアダプションプラットフォーム「Pendo」を日本国内で販売開始したことを、8月5日に発表した。

 DXが推し進められる中、現場では多種多様なツールを使いこなすことができず、本業の成果につながらないことが課題となっている。このような課題を解決するデジタルアダプションは、ソフトウェア製品、アプリ、Webサイトにおけるユーザー体験(UX)を高め、ユーザーに定着化させるもので、さまざまな企業がサービスやツールの導入を進めている。

 NECは、このデジタルアダプションを通じて顧客のDX推進を支援するため、米国をはじめ世界中の企業で導入されている「Pendo」を日本国内で販売することとなった。

 「Pendo」の特長は以下の通り。

  • ユーザーがソフトウェアなどを使用する際の行動データを収集・分析し、データに基づきパーソナライズされたガイドが表示できるようになる。これにより、使用しづらいソフトウェアなどであってもユーザー自身が効率よく使える。
  • データを自動的に収集し、情報を整理したうえで分析を行う。ユーザー行動を把握するために、難しい操作は不要。
  • ユーザーの意見や評価を収集するフィードバック機能により、ユーザーの満足度や課題を把握し、課題解決へ導く。自社開発のソフトウェアであれば、次の機能改善の優先順位付けに利用することも可能。
「Pendo」の特長
「Pendo」の特長
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1234 2022/08/16 15:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング