SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

IDLとBASSDRUM、新製品・新規事業開発プログラム「Agile PoB」を提供

 インフォバーンは、同社のデザインコンサルティング事業部門であるIDL(INFOBAHN DESIGN LAB.)が、BASSDRUMとパートナー契約を締結し、企業における新規事業・新製品開発、および技術開発支援を強化する新製品・新規事業開発プログラム「Agile PoB」を提供することを、9月26日に発表した。

「Agile PoB」実施イメージ
「Agile PoB」実施イメージ

 Agile PoBは、多様な技術領域の知識をベースに、BASSDRUMが技術的開発を実現させる“テクニカルディレクション”の豊富な実績と、IDLが保有する新価値探索のためのサービスデザインアプローチを基盤とする製品・サービスおよび事業デザインに関するプログラム。

 新規事業や新製品・サービス開発におけるさまざまな課題を抱える企業に対して、意味探索のためのデザイン研究に関する知見に基づくIDLのイノベーションデザイン、およびサービスデザイン能力と、先進的かつ卓越した技術実現力を基底にもつBASSDRUMのアジャイル・プロダクト開発能力を連携することで、スピーディでイノベーティブな新製品・新規事業開発プログラムを実現する。

 構想レベルの価値検証(PoC=Proof of Concept)だけでなく、事業性と開発是非に関する判断のためのプロダクトレベルの価値検証(PoB=Proof of Business)を、約3か月を1ターンとする開発スプリントを2~4ターン程度アジャイルに行うことで、通常は不確実性を排除することが難しい新規開発プロジェクトにおける段階的な確証性確認を実施していく。

 さらに、投資対効果の高い新製品・新規事業開発プロジェクトの遂行と、プロジェクト実践を通したチームビルディング、新価値創造人材の育成もあわせて支援する。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1329 2022/09/28 16:30

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング