SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

シプード、オンライン広報サブスク「PRONE」にDiscordを活用した「広報サロン」を実装

 シプードは、同社が開発・提供している月1万円で誰もが気軽にオンライン広報活動ができる「PRONE(プロネ)」に、最新のメディア情報や広報ノウハウに関する情報収集が可能で、広報・PR担当者同士が交流できる場として、新たに「広報サロン」機能を実装したことを4月19日に発表した。

「広報サロン」の画面イメージ
広報サロンの画面イメージ

 PRONEは、オンライン上でプレスリリースの雛形探しから原稿作成、全国の記者クラブやメディア送付先の選定と配信、記者リスト管理、専門家への相談など、広報活動のすべてが1つで完結するサービス。一部機能を無料で使用可能なフリープランと、月額税別1万円でフル機能が使えるプレミアムプランを用意しており、広報・PRを強化したい月だけ有料プランを利用するといった、臨機応変な使い方にも対応する。

 今回、PRONEに実装された広報サロンは、Discordを利用した広報・PR担当者向けのコミュニティサロンで、プレミアムプラン会員のみ利用できる。ネット検索では見つからない広報業務に役立つ情報の収集や、広報担当者同士のつながりが作れる場として活用することが可能で、広報・PR担当者の成長や自走化につながる機会を創出する。

 同サロンには、テーマごとに以下の9つのチャンネル(グループのようなもの)が用意されている。

  • サロンの使い方
  • プロネからのお知らせ
  • 自己紹介はこちら
  • 最新メディア情報
  • 広報ノウハウ共有
  • 会食に使える場所
  • プロネ使い方教えて
  • こんな機能欲しい
  • ネタ出しとか雑談とか

 「サロンの使い方」では、広報サロンの使い方について詳細を説明しており、広報サロンに入ったらまずはここで活用方法を把握してから、他のチャンネルへ移る流れとなる。

 「プロネからのお知らせ」では、毎月開催予定のPRONE主催のイベント情報など、運営側からの情報を発信している。

 「自己紹介はこちら」では、広報・PR担当同士の関係構築に先立ち、自己紹介をするチャンネルで、他社の自己紹介を見てコラボができそうな人がいればチャットで声をかけることも可能なほか、運営側に声をかければ仲介してくれる。

 「最新メディア情報」では、運営側が収集した「記者の異動情報」「最新メディア動向」「記者へのアプローチ方法」などが閲覧できる。

 「広報ノウハウ共有」では、運営側が保有する広報業務に役立つノウハウ(Tips)の閲覧が可能で、広報・PR担当者自身が保有する広報ノウハウの投稿もできる。

 「会食に使える場所」には、記者との面会や会食に使える飲食店情報や手土産情報をはじめ、取材やイベントなどで使用可能なスペース情報といった、広報業務に活用できる「使える情報」を書き込める。

 「プロネ使い方教えて」は、PRONEの使い方に関する質問を書き込むと、運営側が回答してくれるチャンネル。利用者同士で使い方を教え合う、といった使い方も想定されている。

 「こんな機能欲しい」は、PRONEに追加してほしい機能や要望などを気軽に書き込めるチャンネル。ユーザーニーズに素直に対応することで、よりよいオンライン広報環境を整備していく。

 「ネタ出しとか雑談とか」は、どんな話題でも投稿可能なチャンネルであり、利用者同士でいろいろと情報交換したり、他社の相談にのったりする中で、気づきを得られる。

 それぞれのチャンネルには、クリックで自由に出入りでき、情報収集やチャットベースでのコミュニケーション、会話への参加などが可能になっている。

 なお、Discordを活用した広報・PR担当者向けコミュニティは、広報サロンが広報・PR業界初となる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1768 2023/04/21 13:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催