SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

インテージ、リサーチとモニタリング手法を標準化した「CXモニタリングサービス」の提供を開始

 インテージは、CXマネジメント支援サービスの一環として、CX推進において重要なリサーチとモニタリングの手法を標準化した「CXモニタリングサービス」の提供を11月17日に開始した。

 CXモニタリングサービスは、企業のCX向上支援を目的に誕生したインテージ独自のサービスで、CXの現状や課題を正確・スピーディに把握できる「CXリサーチ」と、リサーチ結果を部署や立場を越えてスムーズに共有可能な「KPIモニタリング環境構築」で構成されている。

 業界またはCXへの取り組み状況に関係なく、さまざまな企業や担当者が簡単に利用でき、とりわけどう取り組みを始めるか迷っている企業や、スピーディに取り組みを始めたい企業にとって、スタートアップキットとして手軽に活用することが可能なサービスとなっている。

 CXリサーチは、同社の多種多様な業界における調査実績を基に開発したリサーチ手法で、CXの定着・継続の要となる“顧客接点における評価視点”を業界ごとに整理し、質問項目として設計し、プリセットしており、自社のビジネス領域に即したリサーチ体系を活用でき、顧客体験とKPIの相関把握も可能なので、迅速・適切にCXの現状把握を実現する。また、定期的なモニタリング調査にも使える。

 KPIモニタリング環境構築では、CXリサーチによって得られた顧客体験評価の結果を、同社のノウハウや支援実績に基づいた分析フレームを用いて、ExcelやTableauでモニタリングできるダッシュボードとして提供する。部署や立場を越えて、スムーズにCXの現状を把握・共有可能になるので、CX向上のための具体的な施策の検討やアクションに時間を活用できるようになる。また、より本格的なアンケートの実施やモニタリングを希望する場合は、CXマネジメントプラットフォーム「Qualtrics」の導入支援も行う。

ダッシュボードにおける出力イメージ
ダッシュボードにおける出力イメージ

 同社提供の基本指標およびダッシュボードをそのまま用いることでクイックにモニタリングを始められる「クイックスタートプラン」の税別料金は、1回あたり75万円(2023年1月31日まで)。その他のプランも用意している。

「CXモニタリングサービス」活用イメージ
「CXモニタリングサービス」活用イメージ
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1443 2022/11/21 15:30

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング