SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

初開催となるProductZineの1日カンファレンスです。

ProductZine Day 2023

ProductZine Day 2023

ProductZineニュース

【1/22開催】PM向けウェビナー「データを武器にプロダクトの不確実性と戦う」申込開始

 翔泳社は、プロダクトマネジメントについて学ぶウェビナー「データを武器にプロダクトの不確実性と戦う」を1月22日に開催することを発表し、登壇内容を公開した。

 本ウェビナーは、プロダクト開発にフォーカスしたメディアProductZineの主催で毎月行われているもの。

 新年の1回目となる今回のテーマは、「データを武器にプロダクトの不確実性と戦う」。

 『DMM.comを支えるデータ駆動戦略』(マイナビ出版)の共著者であるDMM.comの石垣雅人氏が登壇。DMM.comで多くのデータを軸としたプロダクト開発を推進してきた視点から、プロダクトマネジメントに生かせるデータの考え方について語る。

「データを武器にプロダクトの不確実性と戦う」登壇内容

 不確実性が高い事業環境の中、私たちは誰も正解を持っていない状態でプロダクトを開発しなければなりません。

 正解がないものを作るということは、すべてが「仮説」になってしまうということです。

 そんな「仮説」と「正解」の間で、私たちはどんな「武器」を持ってこれから戦っていくべきでしょうか。

 ひとつのアプローチとしては、「データ」を武器にプロダクト開発をあらゆる範囲を組み立てていく方法です。

 本ウェビナーでは、データを軸としたプロダクト開発であるデータ駆動開発について事業構造、仮説検証、アジャイル、組織のあり方をお話できればと思います。

 プロダクトの成長に責任を持っているプロダクトマネージャーの方を中心に、納得感を得ながら開発していきたいエンジニアの方、ぜひご参加ください。

 なお、前半30分が石垣氏による講演、後半の30分ではQ&Aのコーナーを予定している。また、事前に質問も受け付けている。参加受付は先着順(定員400名)。参加には申し込みフォームより事前の登録が必要となる。

開催概要
  • 日時:2021年1月22日(金)19時~20時10分
  • 会場:オンライン開催(Zoom)
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 参加対象:プロダクトマネジメントを学びたい人、プロダクトマネージャーおよびそれを目指す人、プロダクトマネジメントに携わる開発者等
  • 定員:400名(先着順)
  • 申し込み方法:以下のフォームより記入
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/150 2021/01/08 16:14

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング