SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

Relic、新規事業開発を支援するSaaS型プラットフォーム「Throttle」において大型アップデートを実施

 企業の新規事業開発やイノベーション創出を支援しているRelicは、イノベーションマネジメントプラットフォーム「Throttle(スロットル)」において、Relicが独自に蓄積したナレッジやノウハウを活かした、3つの新機能を3月31日から提供開始した。

 Throttleは、新規事業開発のプロセスを一気通貫で支援するSaaS型のイノベーションマネジメントプラットフォーム。事業構想やアイデアを「作る/具体化する」「集める/管理する」「評価する/磨く/繋ぐ」「試す/実現する」といった各プロセスにおいて、様々な機能を提供し、効率や生産性を高めることで、事業の質と量の両方に貢献する。

 新機能の1つ目は、新規事業開発で使えるフレームワークやメソッド、データベースの搭載。リーンキャンバスやビジネスモデルキャンパスなどの著名な汎用フレームワークに加え、Relicの現場支援に基づく知見を活かした実践的・個別具体的なケースにも対応。コンテンツは順次追加していく。

 2つ目は、フローチャートベースの事業アイデア/プランのアウトプット機能。フローチャートに従って順番に回答していくと、経験が浅い人でも新規事業開発のナレッジやノウハウを学びながら、事業アイデアやプランを構造的に整理することができる。また、繰り返しアップデートして仮説検証を進めることもできる。

 3つ目は、ユーザー独自のフレームワークやアウトプットの作成編集機能。これまで体系化できていなかった組織や個人が持つナレッジやノウハウを蓄積し、構造化や可視化を促して、事業検証を推進させるのに役立つ。

 今後は、今回の機能のアップデートを継続しつつ、オンラインでのメンタリングやフィードバック、想定顧客へのヒアリングやインタビューによる仮説検証のサポート、プロジェクト管理機能などの提供を予定している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/211 2021/04/02 20:32

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング