SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

「日本サブスク大賞2023」が各賞を発表、グランプリは猫の見守りトイレ「toletta」に決定

 日本サブスクリプションビジネス振興会は、2023年の最も優れたサブスクサービスを決定する「日本サブスクリプションビジネス大賞2023」の表彰式を12月6日に開催した。グランプリをはじめ、各賞に選ばれた13つのサブスクサービスが決定した。

第5回「日本サブスクリプションビジネス大賞2023」表彰式
第5回「日本サブスクリプションビジネス大賞2023」表彰式

 受賞サービス一覧(全13サービス)は以下の通り。

グランプリ
  • 「toletta」/株式会社トレッタキャッツ

 24時間365日ねこの小さな変化にもすぐ気づける見守りトイレ。スマホでの健康管理が可能。獣医師と共同開発したAIが毎日の体調をチェック。顔認識カメラのため多頭飼いでも1台で利用できる。

シルバー賞
  • 「SAKURACO」/株式会社ICHIGO

 海外向けおやつBOXサブスク。日本全国にある老舗メーカーの和菓子やお茶、メーカーとの共同開発商品をオリジナルボックスに詰め合わせ、毎月世界180の国と地域に届けている。

ブロンズ賞
  • 「フィシュル」/株式会社ベンナーズ

 国産天然魚のサブスク。味には関係のない理由で行き場を失っている「未利用魚」を活用しているのが特徴。またその月に獲れた魚を、それぞれの味を最大限引き出す味付けを施している。

特別賞
  • 「AnotherADdress」/株式会社大丸松坂屋百貨店
  • 「アリススタイル」/株式会社ピーステックラボ
  • 「Casie」/株式会社Casie
  • 「narasu」/株式会社ローディアム
  • 「Pan&」/株式会社スタイルブレッド
  • 「冷凍幼児食mogumo」/株式会社Oxxx
  • 「LIFT」/株式会社The Three Arrows/株式会社田谷漆器店
  • 「recri」/株式会社recri
テモナ賞
  • 「サカナDIY」/株式会社ふく衛門

 全国各地の旬の地魚を、自宅でいつでも楽しめるサブスク型の魚専門ミールキット。鱗や内臓などの煩わしい処理は自社工場で済ませ、瞬間凍結することで鮮度を維持している。付属のレシピと動画を見ながら、解凍して「切るだけ」「焼くだけ」「煮るだけ」で地魚料理が完成する。

サブスク振興会特別賞
  • 「Cotoka for PC」/横河レンタ・リース株式会社

 企業が使うPCをサービスとして提供する、いわゆるDevice as a Service。IT管理者は利用者である従業員にライセンスを付与するだけで、それ以降のPCの調達から展開(配送)、修理交換対応、廃棄・リプレースまでPC本体含めたすべてがクラウドからユーザーに直接提供される。管理者の負担を徹底的に排除しつつ、利用者に快適なPC利用環境を提供する。

 「日本サブスクリプションビジネス大賞2023」にはサブスクサービスを運営する企業がエントリーし、「お得」「悩み解決」「便利」「新規性」「成長性」「安全性」の6つの要素で厳正な審査が行われた。

 本年のエントリー企業の傾向としては、大手企業の参入が増えたことが挙げられる。またスタートアップ企業もこれまではシード期・アーリー期など、比較的創業間もない企業が多かったが、本年はミドル期の企業からの応募が増加した。これは、サブスクのビジネスモデルが世の中に浸透し、当たり前になってきた傾向と考えられる。

 また昨今のサブスク市場は、従来の動画・音楽・アニメといったエンターテインメントの分野だけではなく、教育・健康・食品などさまざまな業界に拡大している。本年はペットやアート、ファッションといったジャンルが人気を博しており、便利なだけではなく消費者の生活を根本から変革する可能性を秘めたサービスから多数のエントリーがあった。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/2265 2023/12/07 14:30

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催