SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

Notionで進化するプロダクトマネジメントと、その実践

情報のひも付けで必要な情報を手軽に集約──Notionを活用したロードマップの運用と開発タスク管理

Notionで進化するプロダクトマネジメントと、その実践 第2回

 本連載では、AIを活用した音声解析サービスを提供しているRevComm(レブコム)が、プロダクトマネジメントにおいてNotionを活用することで、成果を上げたポイントを具体的に解説していきます。第2回はロードマップと開発タスクの管理、およびそれらの連携におけるNotionの活用についてです。(編集部)

はじめに

 株式会社RevComm(レブコム)のプロダクトマネージャーの吉井です。RevCommは音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」、AI搭載オンライン会議解析ツール「MiiTel Meetings」、オフライン(対面)の商談を可視化する「MiiTel RecPod」を開発・提供しています。

 RevCommでは、2023年5月からドキュメント管理ツールとして「Notion」を全社に導入し、プロダクトマネジメントにも活用しています。今回は、ロードマップ(※1)と開発タスクをどのようにNotionで管理・運用しているかご紹介します。

(※1) RevComm社内ではロードマップを「開発ロングリスト」と呼称している。以降、解説文中の図なども同様。

Notion活用前のロードマップの課題

 RevCommでは、半年ごとに翌半期の開発予定を「ロードマップ(開発ロングリスト)」として作成しています。Notion導入以前は半期ごとにGoogle スプレッドシートで作成していました。

 Googleスプレッドシートで運用していた際の課題は、下記3点です。

  • 期初に一から作り直す必要があるため作成に負荷がかかる
  • 期初に作成し、方針をチームで確認後、ロードマップを更新する習慣がなかった
  • すべてのプロダクト・機能が一覧化されているため、自分に必要な情報をフィルターをかけて見る必要があるが、他のメンバーのために確認後は元の状態に戻す必要がある

 上記のような管理の煩雑さから、当時のロードマップは期初にチーム内の認識を合わせるために確認する資料として活用され、期中の進捗管理には運用されていませんでした。また、エンジニアからも「ロードマップを確認したいけど、参照先が半年ごとに変わるため、どれが最新のものか分からない」といった声が上がっていました。

次のページ
ロードマップをNotionに移行した後の変化

この記事は参考になりましたか?

Notionで進化するプロダクトマネジメントと、その実践連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉井 平八郎(RevComm)(ヨシイ ヘイハチロウ)

 株式会社セールスフォース・ジャパンでプリセールスエンジニアとして大手製造業顧客を担当。2022年株式会社RevComm入社。入社後はセールスエンジニア・プロダクトマネージャーを兼務。2023年7月からプロダクトマネージャー専任となり、プロダクトの外部連携機能を担当。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/2540 2024/04/22 11:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング