ProductZine(プロダクトジン)

グッドパッチ、製品担当者の調査の課題解決のヒントを解説するオンラインセミナーを5月21日に開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/17 15:38

 グッドパッチは、オンラインセミナー「潜在価値を引き出すための定性調査/分析プロセスとは?」を5月21日に開催する。

 新製品の企画・開発・マーケティング活動において「市場調査」が欠かせない一方で、見過ごせない工程が「調査結果の分析」。本セミナーでは、多様なプロジェクトで調査・分析を実施してきた、アスマーク 営業部の宮城圭佑氏と、グッドパッチ Strapプロダクトマネージャーの大竹智史氏が、対談形式で講演を行う。

 主な参加対象者は、新製品・サービスの企画・開発担当者やデジタルプロダクトのマーケティング担当者、テレワーク下での調査の進め方を知りたい人、外部の調査会社やパートナーとの協業を検討している人など。

 解決しうる課題としては以下を挙げている。

  • 顧客調査や分析、ブレインストーミングを実施しても、どこかで聞いた「あるあるの価値/アイデア」しか見つからない
  • 調査、企画の成果物がステークホルダーに受け入れられない
  • リモートワーク下で調査をうまく進められない

 開催日時は5月21日(金)の12~13時。参加無料の事前登録制で、イベントページから5月19日の18時まで登録を受け付けている。応募者多数の場合は抽選となる。

関連リンク



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

    「プロダクト開発」にフォーカスしたCodeZine内のサブメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けしま...

バックナンバー(新着順)

連載:ProductZineニュース

もっと読む

All contents copyright © 2021-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5