SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

大手BtoB企業、75.0%が「顧客データ分析」を実施するも「ペルソナ設定」は3割未満に留まる

 EXIDEAは、従業員数1000名以上の大手BtoB企業に所属するマーケティング担当者を対象に実施した、「顧客の解像度」に関する実態調査の結果を4月15日に発表した。同調査は、3月24日~28日の期間に行われ、104名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、勤務先企業では自社顧客の解像度を十分に具体化できているかを尋ねたところ、「まったくできていない」が7.8%、「あまりできていない」が22.1%となった。

 自社顧客の解像度を「まったくできていない」「あまりできていない」と答えた人に、自社顧客の解像度を十分に具体化できていないと思う理由を尋ねた質問(複数回答)では、「顧客データの蓄積ができていない」が67.7%、「解像度を高めるノウハウがない」が58.1%、「具体化を行う体制・リソースがない」が54.8%となっている。

 勤務先企業では自社顧客の解像度を十分に具体化できているか、という質問に対して「わからない/答えたくない」と回答した人以外に、その他の自社顧客の解像度を十分に具体化できていない理由を自由に答えてもらったところ、「顧客データは諸々そろっているものの、活用しきれていない」「社内、部内での顧客データの共有がいまひとつ出来ていない」といった回答が寄せられた。

 勤務先企業で行っている、自社の顧客調査の方法を尋ねたところ(複数回答)、「顧客データ分析」が75.0%、「アンケート調査」が65.4%、「インタビュー」が42.3%となっている。

 自社の顧客の解像度を高める必要性を感じているかを尋ねた質問では、「とても感じている」が50.1%、「やや感じている」が42.3%を占めた。

 自社の顧客の解像度を高める必要性について、「かなり感じている」「やや感じている」と答えた人に、自社の顧客の解像度を高める必要性を感じている理由を尋ねたところ(複数回答)、「マーケティング戦略に役立てたい」が75.0%、「マーケティング施策のアイデアを出したい」が46.9%、「売上・利益率の向上につながるから」と「事業・商品開発に役立てたい」が45.8%となっている。

 そのほか、自社の顧客の解像度を高める必要性を感じている理由を自由に答えてもらったところ、「常に顧客のニーズに向き合い、把握しておかないと、いずれ地盤沈下するから」「時代の流れから、今のやり方だけでは生き残れない可能性があるから」といった回答が寄せられた。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/996 2022/04/18 15:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング