SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

アトラシアン、クラウド製品全体にAI技術「Atlassian Intelligence」を導入

 アトラシアンは、チームのコラボレーション方法を深く理解して仕事の効率化を促進する新しい人工知能(AI)技術を活用した「Atlassian Intelligence」が、クラウド製品共通のテクノロジー基盤である「Atlassian Platform」に組み込まれることを、4月18日~20日に開催された同社の年次カンファレンス「Team’23」で発表した。

 「Atlassian Intelligence」は、同社の内部モデルとOpenAI社とのコラボレーションにより開発されたAIを活用している。大規模言語モデルを用いて特定の企業におけるチームがどのように協働するかを推測し、行われている作業の種類とそれらの関係性を表示するカスタムなチームワーク・グラフを構築する。チームワーク・グラフは「Atlassian Platform」のオープンな仕様により、チームがほかに活用しているサードパーティーアプリからのデータと合わせてさらに強化される。なお「Atlassian Intelligence」は、クラウド製品共通のテクノロジー基盤である「Atlassian Platform」に組み込まれ、クラウド製品を横断して活用できる。

 「Atlassian Intelligence」では、AI技術を使って文脈から情報の作成、まとめ、抽出をすることでチームの作業を促進する。例えばミーティング議事録から決定事項やアクションアイテムを迅速にまとめたり、「Confluence」に記録された製品仕様をもとにツイート原稿を下書きしたり、「Jira Software」で製品アップデートのテストプランを作成したりできる。

 また「Jira Service Management」のバーチャル・エージェントとして、チームメンバーがもっとも必要とするときに即座に支援を提供する。「Atlassian Intelligence」がサポートチームに代わって問い合わせリクエストを迅速に解決したり、回答文の温度感を調整したり、人の担当者に引き継ぐために対応状況をまとめて記録したりできる。サポートチームに代わって繰り返し質問される典型的な問い合わせに対応するため、サポートチームはより重要な作業に集中できる。バーチャル・エージェントは、コーディングやデータサイエンス、高価なコンサルタントなどを必要とせずすぐにセットアップが可能。

 さらに企業やチーム、業務に特化したオンデマンドな辞書を保持し、共通認識を提供する。例えば、特定の用語をハイライトしてその定義や情報源、社内の精通している人を確認できるだけでなく、チームワーク・グラフをもとにそれがどのように業務に関係するかなどを「Atlassian Intelligence」に尋ねられる。

 「Atlassian Intelligence」は自然言語を理解しているため、「在宅勤務環境を構築するために利用できる経費申請額は?」「開発環境の構築方法は?」など「Confluence」に記録されている社内のナレッジやポリシーに関する質問に答えられるだけでなく、すべての「Jira Cloud」製品の中から目的の課題を見つけることも可能。また、アトラシアン製品と連携するサードパーティー製品からのデータをSQLに関する知識なしに分析・視覚化するためのハブである「Atlassian Analytics」から複数のデータソースを活用して見識の生成もできる。

 「Team’23」では、「Confluence」の新機能や「Atlassian Analytics」の正式リリースも発表された。「Confluence」は2003年のローンチ以降改良を重ね、新しいコンテンツタイプや機能を搭載してナレッジ共有の領域を超えた製品へと進化している。今回発表された新たな機能は以下のとおり。

  • ホワイトボード

 考えを行動につなげるためのデジタルホワイトボード。構造化されていないブレインストーミング段階のような情報を「Jira」の課題や「Confluence」のページなどのアウトプットへシームレスに変換することでアイデアを実行に移す支援をする。

  • データベース

 作業同士をつないだり、トラッキングしたりするための強力なデータベース機能。構造化された動的なテーブルで「Jira」のタスクや「Confluence」のページ、担当者、期日、ステータスなどの情報を整理し、単一のデータベーステーブルに格納する。

  • 外部コラボレーション機能

 「Confluence」スペースにゲストユーザーを追加するほか、公開リンクを使って閲覧のみの「Confluence」ページを外部に共有するなどして、より効率的に作業を進められる。また「Atlassian Venture」の投資先企業の一社であるHypothes.isと提携し、どこからでも自由なコラボレーションを可能にする。新しいChrome拡張を使えば「Confluence」ユーザーがあらゆるWebページから「Confluence」内と同じようにコメントすることが可能。

 また、さまざまな手法でのデータを取り込んで分析できる「Atlassian Analytics」は「Jira Software」「Jira Service Management」「Confluence CloudのEnterprise」エディションで使うことが可能。同社製品のみならず、他社のSaaS製品のデータも読み込める。開発プロセス、サービス提供、マーケティング効果に関する包括的な洞察をチームや経営陣と共有することが可能となる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1773 2023/04/24 13:30

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング