SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のイベントについては鋭意企画中です。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

フラッグスのプロジェクト管理ツール「Flagxs」、マネーフォワードにて複数プロダクト横断プロジェクトの管理に採用

 フラッグスは、マネーフォワードが提供する「マネーフォワードクラウド」における、インボイス制度対応の第1弾「証憑自動取得機能」プロジェクトのプロジェクト管理ツールに、同社の「Flagxs」を活用することで、複数プロダクトを横断した大規模プロジェクトの成功に貢献したことを、9月5日に発表している。

「Flagxs」の画面イメージ
「Flagxs」の画面イメージ

 マネーフォワードのビジネスカンパニーでは、2022年1月に施行された改正電子帳簿保存法や、2023年10月に開始されるインボイス制度といった法令対応など、各プロダクトを横断して足並みを揃える必要がある大規模プロジェクトが多くなり始めており、これまで各プロダクトチーム内で最適化された開発手法・開発管理方法を活かしつつ、プロジェクト全体を統括するプロジェクト管理手法および、それを支える管理ツールの必要性を感じていた。

 エンタープライズ・プロフェッショナル向けのプロジェクト管理ツールを探す中で、シンプルで使いやすそうなUI/UXや、ツールの導入だけでなく使い方やプロセスのプロジェクトへの浸透をサポートするコンサルタントが、初期立ち上げから並走したことが決め手となり、今回のFlagxs導入に至っている。

 Flagxsの導入によって、プロジェクト全体のスケジュールと進捗状況をリアルタイムに把握できるようになり、特定のチームの遅れが、他のチームのどこに影響するかも容易に把握することが可能になった。さらに、チーム横断課題に関しては週単位で棚卸しを実施し、次回までのToDoを課題管理票に追記することで、チーム間での作業漏れやコミュニケーションミスを減らすことができたという。

「Flagxs」の機能イメージ
「Flagxs」の機能イメージ

 チームメンバーからは、「簡単な操作マニュアルを読むだけで直感的に操作できる」「作業計画など、一度に大量情報を登録・更新する際の入力が、Microsoft Excelなどの表計算ツールと同様で便利」といった評価を得ている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1283 2022/09/07 15:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング