SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ストーリーで学ぶプロダクトづくり「はじめてのプロダクト・ジャーニー」

プロダクトマネージャー? それともプロダクトオーナー? どんな役割が必要なのかを考えていくためのコツ【はじめてのプロダクト・ジャーニー】

ストーリーで学ぶプロダクトづくり「はじめてのプロダクト・ジャーニー」 第4回

 この連載では、書籍『カイゼン・ジャーニー』『チーム・ジャーニー』『デジタルトランスフォーメーション・ジャーニー』をもとに、「プロダクトマネジメント」と「プロダクトチームの運営」について、ストーリーと解説を織り交ぜた形でお伝えしていきます。これらの書籍ではまだ語られていない、プロダクト作りに必要なプラクティス(工夫)や観点についても扱っていきます。第4回は、似たような言葉であるプロダクトマネージャーとプロダクトオーナーとの違いや、その果たす役割について解説します。

プロダクトマネージャーとプロダクトオーナーって、何が違うの?

 この物語の主人公は、プロダクトマネージャーを志望する名越(なごし)さん。新たにプロダクトを作り始めるために結成されたチームに所属しています。

名越
名越(なごし)

この物語の主人公。もともとは大きな企業にいたが、プロダクトマネジメントの経験を積みたくて転職してきたプロダクトマネージャーの見習い。ソフトウェア開発の経験はほとんどない。

 チームメンバーは同期の小袋(こぶくろ)くんと、後輩の朝比奈(あさひな)さんの3名。それから、進みが思わしくないこともあり、マネージャーの袖ヶ浦(そでがうら)さんも参加するようになっています。名越さんたち3人は、実践を通してプロダクトマネジメントを学ぶ日々を送っているようです。

「このチームの“プロダクトマネージャー”って誰なんでしょうか」

朝比奈
朝比奈(あさひな)

チームの中では最年少。ソフトウェア開発の経験はなく、デザイン制作を少しかじっている。ひときわ明るい声がチームのムードメイカーになっている。

「朝比奈さん、唐突にどうしたの?」

「そんなのいないんじゃない。考えたこともなかった」

小袋
小袋(こぶくろ)

名越より年下だが同じ時期に転職してきたプログラマーで、同僚。口数は少ないが、自分の意見はしっかり言うタイプ。

 小袋くんの反応に、朝比奈さんはさらに畳み掛けた。

「では、“プロダクトオーナー”は誰なんですか」

 いきなりの問いかけに僕も、小袋くんも言葉を継げず、互いに顔を見合わせた。

「朝比奈さん、僕らのチームにはまだ明確にプロダクトマネージャーも、プロダクトオーナーも置いていないように思うよ」

「そこにうまくいかない原因があるのではないでしょうか!」

 僕たちのプロダクト企画チームは結成して随分時間がたっているがいまだに、プロダクトのイメージを深めることができないでいる。袖ヶ浦さんから企画内容のリジェクトを食らう日々が続いている。

「うーん、どちらかというと役割の話というよりは、僕たちが袖ヶ浦さんの期待を越えられる構想を描けていないところがすべてだと思うんだけど」

「それもそうですね。何したら良いか分からない、といった感じで足踏みしているわけでもないですよね....」

 朝比奈さんなりに状況を良くしようと考えてくれているみたいだった。確かに、これだけ迷走が続くと、いろんなことが原因に思えてくる。

「プロダクトマネージャーと、プロダクトオーナーか。そういえば、似たような役割なのかなと思っていたけど、どういう違いがあるのだろう」

「生まれてきた場所が違います」

袖ヶ浦
袖ヶ浦(そでがうら)

チームの面倒を見ることになった。冷たい雰囲気が漂う。元役員。

 例によって、いつの間にか袖ヶ浦さんが僕たちの会話に割って入ってきた。

次のページ
出自は異なるものの、プロダクト作りに必要となる知見は大きくは変わらない

この記事は参考になりましたか?

ストーリーで学ぶプロダクトづくり「はじめてのプロダクト・ジャーニー」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

市谷 聡啓(イチタニ トシヒロ)

株式会社レッドジャーニー代表 サービスや事業についてのアイデア段階の構想からコンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイルについて経験が厚い。プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、自らの会社...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1595 2023/02/07 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催