ProductZine(プロダクトジン)

「問い」と「データ」の双方を活かしたアプローチでイノベーション論の本質に迫る、書籍『リサーチ・ドリブン・イノベーション』発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/21 15:45

 翔泳社は、書籍『リサーチ・ドリブン・イノベーション 「問い」を起点にアイデアを探究する』を4月20日に刊行した。創造的な組織づくりに関する支援を行っているMIMIGURIの安斎勇樹氏、小田裕和氏による共著。

 同書では、リサーチを「問い」を起点に「データ」を手がかりとしながら企業にとって「事業の新たな可能性を探り出す」ための汎用的な思考法と位置付け、「問い(自身の内側から生ずるわからないこと)」と「データ(外から集めた手がかり)」の間を行き来しながら、既存のイノベーション論の二項対立によらない、新しいアイデアを探究するアプローチを提唱し、4つのステップで解説している。

  • STEP 1 「わからないこと」から問いを立てる
  • STEP 2 「わかるためのデータ」+「つくるためのデータ」を集める
  • STEP 3 ワークショップでリサーチデータを読み解く
  • STEP 4 多“様”決で合意を形成する

 価格は税込2200円。

目次

  • 序論 なぜ「リサーチ」なのか
Part 1 リサーチ・ドリブン・イノベーションの背景
  • 第1章 リサーチ・ドリブン・イノベーションとは何か
  • 1.1. イノベーションの阻害要因
  • 1.2. イノベーションに求められる「創造的自信」
  • 1.3. リサーチ・ドリブン・イノベーションの特徴
Part 2 リサーチ・ドリブン・イノベーションの方法
  • 第2章 STEP1:問いを立てる
  • 2.1. イノベーションは良い問いから生まれる
  • 2.2. 問いを立てる2つのアプローチ
  • 2.3. リサーチの問いを立てる具体的な手順
  • Column 問いの感性を耕す9つのプログラム―QWS Cultivation Program
  • 第3章 STEP2:データを集める
  • 3.1. “良い”データに必要なこと
  • 3.2. データの種類と活かし方
  • Column 自社の歴史も“データ”として活用する―シチズン創業100周年
  • 3.3. データの収集方法とそれぞれのポイント
  • Column 注目を集める、ビッグデータと一人称データ
  • 第4章 STEP3:データを解釈する
  • 4.1. データの解釈において重要なこと
  • Column 議論と対話の違い
  • 4.2. データを読み解く上で着目すべき「5つの視点」
  • 4.3. データを解釈するワークショップの進め方
  • 第5章 STEP4:合意を形成する
  • 5.1. 何について合意すべきなのか
  • 5.2. 合意のためのアプローチ
  • Column 力強い共通言語がイノベーションを生み出す
  • 5.3. 合意に基づきアイデアを生み出し検証する
Part 3 リサーチ・ドリブン・イノベーションのケーススタディ
  • 第6章 事例を読み解く
  • 6.1. ケース1:新たな世代の「保険」の意味を問い直す
  • 6.2. ケース2:新たなコンビニのあり方を考える
  • おわりに リサーチの意味を問い直す―リサーチャーの新たな役割と可能性

関連リンク



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

    「プロダクト開発」にフォーカスしたCodeZine内のサブメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けしま...

バックナンバー(新着順)

連載:ProductZineニュース

もっと読む

All contents copyright © 2021-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5