SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

Chatwork、LegalOn Technologies、ラクス、プロダクトマネジメントの在り方についてディスカッションするオンラインイベントを2月21日に開催

 Chatwork、LegalOn Technologies、ラクスは、3社合同で「【PdM Meetup】プロダクトマネジメントの最適解とは?」を、2月21日にオンライン開催する。参加費は無料で、事前登録が必要。

 同イベントでは、BtoB SaaSを展開する3社がプロダクトマネジメントの在り方についてディスカッションを行う。

 当日は、プロダクトマネジメントの最前線に立つプロダクトマネージャーである、Chatworkのコミュニケーションプラットフォーム本部に所属する松下三四郎氏、LegalOn Technologiesのプロダクトマネジメントグループ マネージングディレクターである泉真悟氏、ラクスの楽楽精算開発部 PdMチーム マネージャーである稲垣剛之氏が登壇し、プロダクトマネージャーの責任と役割から、「顧客志向への組織作り」「再現性」をキーワードに、それぞれの企業での経験に基づいた視点を通じて、取り組みを掘り下げる。

 おもな内容としては、プロダクトマネージャーの責任と役割に焦点を当てて、プロダクト開発を取り巻くステークホルダーとの連携方法やその苦労、今後の方向性について話し合う「PdMの責任と役割定義について」、プロダクトマネージャーはどのように顧客と向き合っているのか、顧客の声や課題をどのようにプロダクト開発に活かして、どのようにプロダクト開発組織を顧客志向に導いているかについてディスカッションする「PdMによる顧客志向な組織作り」、プロダクトマネージャー業務の中で「仕組み化」をキーワードにどのような取り組みを行っているかについて議論する「PdM業務での仕組み化について」を予定している。

 おもな参加対象は以下の通り。

  • プロダクトマネジメントに興味がある人
  • 現在、プロダクトマネージャーを担当している人
  • プロダクトマネージャーとして今後のキャリアについて考えている人
  • 成長期のプロダクトマネジメントに興味のある人

 同イベントへの参加によって、以下のようなメリットが得られる。

  • 急成長のBtoB SaaSを牽引するプロダクトマネージャーからノウハウや知見を学べる
  • 主催企業3社のプロダクトマネージャーとフランクに意見交換できる
  • オンラインイベントのため、気軽に参加できる

 開催日時は2月21日19時〜20時30分。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/2380 2024/02/05 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催