ProductZine(プロダクトジン)

著者情報

  • 石田 隼(Chatwork株式会社)(イシダ ハヤト)

     Chatwork株式会社 プロダクト本部 プロダクトマネジメント部 マネージャー。San Francisco State University 在学中に、VCでのインターンを経て、現地でユーザーテスト事業を開始。日本のゲーム会社やスタートアップのプロダクトローカライゼーションを支援。卒業後、Chatwork株式会社の米国法人に入社し、現地での事業展開、現地企業との業務提携等に携わる。2017年に日本に帰国し、Chatwork初のプロダクトマネージャー(PM)として、PM組織の立ち上げをおこなう。現在はプロダクトマネジメント部のマネージャーを務める。

執筆記事

  • 2021/10/13

    BtoB SaaSの成長フェーズに応じたプロダクトロードマップの作り方

     Chatworkのプロダクトマネージャーによる連載企画も最終回となりました。最終回では、プロダクトロードマップの作成方法や注意すべきポイントについて、過去のChatworkでの手法を題材にしながら紹介できればと思います。

  • 2021/05/19

    競合ひしめくプロダクト開発で、PMFを達成するには? 市場変化の捉え方と意思決定のヒント

     ChatworkのプロダクトマネジメントおよびPM(プロダクトマネージャー)育成のノウハウを、リレー形式で紹介する本連載。第5回となる今回は、プロダクトマネージャーの石田より「巨人ひしめくビジネスチャット市場でのプロダクト開発」というテーマで解説します。競合が次々と参入してくるビジネスチャット市場の変遷をどう捉えてきたのか。プロダクト・ライフサイクルに沿って、各フェーズにおけるChatworkのプロダクトに関わる意思決定をどう行ったのか。ポイントを紹介したいと思います。

  • 2021/03/12

    UX負債をためない! プロダクトの「小さなカイゼン」を継続するための3つのポイント

     ChatworkのプロダクトマネジメントおよびPM(プロダクトマネージャー)育成のノウハウを、リレー形式で紹介する本連載。第4回となる今回は、プロダクトマネージャーの石田より「小さなカイゼンを継続するための仕組み作り」というテーマで、継続的なプロダクト改善を行うための活動をご紹介させていただきます。Chatworkでは以前、プロダクトの規模が拡大するにつれ、ユーザーからの改善要望に応えられない状態に陥りました。メインのプロダクト開発と日々の改善を両立する仕組みについて、「UX負債」の考え方など...

3件中1~3件を表示
戻る


All contents copyright © 2021-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5