SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

アトラシアン、「Jira Software Cloud」にDevOpsの効果測定を支援する機能を追加

 アトラシアンは、同社製品だけでなくサードパーティ製品を含め開発のアイデアから運用までの進捗を可視化し、DevOpsの効果測定を支援する「Jira Software Cloud」の新機能を、12月4日に発表した。

 「Jira Software Cloud」には、「Code in Jira」「Deployments in Jira」「デプロイメント頻度」「サイクルタイム」の、計4つの新機能が追加されている。

 「Code in Jira」では、Bitbucket、GitHub、GitLab、Git Integration for Jiraを通して、最近アクティブであったレポジトリを簡単に確認できるビューが提供され、どのチームがどのリポジトリにあるどのコードで作業をしているかなどを確認するために、コーディング作業が妨げられることがなくなる。

 「Deployments in Jira」では、Jiraの課題に対応してタイムライン上でGitパイプラインを追跡・表示することで、デプロイメントがパイプラインのどの段階にあるかについてのリアルタイムでのビューを提供する。あらゆるCI/CDプロバイダに対応し、アトラシアン製品とサードパーティツール間の各種作業項目がJiraの課題とリンクするため、アイデアから運用までの追跡・測定が可能になる。

 「デプロイメント頻度」では、Jira Software Premiumのユーザーに対して、パフォーマンスの高いソフトウェアチームがもっとも気になる指標を拡張し、あらゆるCI/CDプロバイダに対してパフォーマンスをトラッキングできるようにした。リリース頻度と時間の経過による傾向を自動的に計測するため、複数のツールにまたがる集計を手作業で行ったり、運用チームに確認したりする必要がなくなる。

 「サイクルタイム」では、Jira Software Premiumのユーザーに対して、アトラシアン製品とサードパーティツールにまたがる、すべての作業項目をJiraの課題と結びつけ、平均リードタイムを計測するだけではなく、開発ワークフローの各区分までの、より詳細なビューのトラッキングを可能にする。ボトルネックに関する詳細なアクションを実現するインサイトが得られるので、チームのワークフローを最適化できる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/142 2020/12/10 13:56

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング