SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

アドビ、「Adobe Firefly」と「Google Bard」の連携やコンテンツ認証イニシアチブのメンバー拡大を発表

 アドビは、「Adobe Firefly」とGoogleの会話型AIサービス「Google Bard」との新たな連携やコンテンツ認証イニシアチブ(CAI)のメンバー数の拡大などについて、5月11日に発表した。

 アドビが「Adobe Firefly」のベータ版を公開してから1カ月ほどで、クリエイターはテキストベースの画像生成(Text to Image)やベクターアートの再配色(Recolor Vector)、テキストエフェクトなどの機能を活用し、7000万枚以上の画像を生成した。これは「Adobe Firefly」がアドビ史上最も成功したベータ版となったことを意味している。アドビは「説明責任」「社会的責任」「透明性」からなるAI倫理原則に基づき、クリエイターに重きを置き、商業利用も可能なジェネレーティブAIとして「Adobe Firefly」を開発した。

 アドビはGoogleとの提携により、Googleの実験的な会話型AIサービスである「Google Bard」に「Adobe Firefly」を組み込む。「Adobe Express」でコンテンツ制作を継続することで、より早くより効率的なクリエイティブ体験を実現する。

 「Adobe Firefly」は今後数カ月の間に「Google Bard」のジェネレーティブAIの筆頭パートナーとして、同サービスの「テキストベースの画像生成」の変換機能を強化し、機能向上を図る。「Google Bard」との新たな連携により、あらゆるスキルレベルのユーザーが自分の言葉を使用して「Google Bard」に自分のビジョンを伝えるだけで「Adobe Firefly」によってその場で直接画像を生成できるようになる。さらに、それらの画像をそのまま「Adobe Express」で編集・仕上げをすることも可能となる。

 アドビとGoogleの両社は、クリエイター中心の視点でこのパートナーシップに取り組んでいる。CAIのオープンソース技術であるコンテンツクレデンシャル機能を活用することで、「Google Bard」が「Adobe Firefly」経由で生成した画像に来歴の透明性をもたらす。これによりクリエイターに重きを置いたジェネレーティブAIが数百万人以上のユーザーに提供されることとなる。

 「Adobe Firefly」は、商業利用にも安心して使用可能なプロ仕様の高品質なコンテンツを生成するアドビ独自のジェネレーティブAIサービスで、アドビのアプリケーションや「Google Bard」の両方の環境において、クリエイターのワークフローに直接組み込むことができるように設計されている。「Adobe Firefly」の初代モデルは、「Adobe Stock」画像、オープンライセンスコンテンツ、著作権が失効したパブリックドメインコンテンツでトレーニングされている。企業は自社の既存のクリエイティブを使用して「Adobe Firefly」をトレーニングできるようになり、各社で使用している用語や言い回しでのコンテンツ生成を実現する。「Adobe Experience Cloud」に「Adobe Firefly」を統合することで、マーケティング担当者は「Adobe Firefly」を使用してコンテンツサプライチェーンの制作を加速させることが可能となる。

 「Adobe Firefly」と「Google Bard」の連携により、アドビによって倫理的に開発された画像作成、編集ツールならびにCAIのコンテンツクレデンシャル機能による透明性がGoogleユーザーに提供される。生成された画像を「Adobe Express」を使用して編集し、より魅力的なコンテンツに仕上げることも可能。その際「Adobe Express」が提供する高品質なテンプレート、フォント、ストック画像、アセットからインスピレーションを得ることもできる。「Adobe Express」は、SNS投稿、動画、画像、PDF、チラシ、ロゴなどを素早く手軽にデザインして共有できるオールインワンのコンテンツ作成アプリ。

 また、アドビは誤報や偽情報に対抗することを目的としてクリエイターが作品の帰属先を適切に表明できるようCAIを設立した。CAIは、コンテンツがどのように作成または変更されたかを詳細に開示するデジタル版の「成分表示ラベル」であるコンテンツクレデンシャル機能をアプリケーション内で作成および表示を可能にする、無料のオープンソースツールを開発した。コンテンツクレデンシャル機能はメタデータ形式で記録され、コンテンツの使用、公開、保存といったすべての過程においてコンテンツに関連付けられたまま適切な帰属表明を可能にし、消費者がデジタルコンテンツの真正性について十分な情報を得た上で判断できるよう支援する。アドビは「Adobe Firefly」で生成された画像に、AIが使用されたことを示すコンテンツクレデンシャルを自動的に添付する。

 CAIは、ユニバーサル ミュージック グループ(UMG)、Stability AI、Spawning.aiをはじめとする企業が新たに加わり、メンバー数が1000企業・団体を突破するという重要なマイルストーンを迎えた。これにはテックやメディア企業、カメラメーカー、クリエイター、研究者、NGOなど、多くのメンバーが参加している。ジェネレーティブAIの台頭に伴い、コンテンツが人間によって作成されたのか、AIによって生成されたのか、あるいはAIを使って編集されたのかを人々に確実に伝えることも、コンテンツクレデンシャル機能の重要な役割となっている。

 新しいジェネレーティブAI技術の開発企業に加え、現在のCAIメンバーには、AFP、AP通信、BBC、Getty Images、ライカ、Microsoft、ニコン、ロイター通信、The Wall Street Journalなどが含まれる。新規メンバーの加入が加速し、さまざまな業界のリーダーである企業や団体がコンテンツクレデンシャル機能の採用を進めることで、技術的なイノベーションが、倫理的な基盤の上に築かれるように引き続き取り組みを進めていく。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1800 2023/05/12 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング