SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineホットトピックまとめ

メンバーの「納得感」を保つプロダクトづくり/スタートアップのPMに役立った6冊……PM向けホットトピック(4/24~5/7)

プロダクト開発のホットトピック(4/24~5/7)

 直近約2週間に公開されたプロダクト開発の関連トピック一覧です。プロダクト開発に関するニュースやブログ記事などの最新情報を、カテゴリごとにまとめています。

  • CodeZine/ProductZine以外のサイトにジャンプします。
  • 掲載希望の情報があれば、以下のアンケートフォームよりご連絡ください(編集部で判断のうえ掲載させていただきます)。
  • 本記事公開の前週2週間のニュースをまとめています。
  • 【NEW!】編集部で「これだけは読んでほしい」ポストを厳選し、すべてにコメントを添えました。

 ProductZineは読者の皆様によりよいプロダクト開発の情報をお届けできるよう、改善を続けてまいります! ご意見・ご感想・ご要望はこちらのアンケートフォームよりお寄せください。お待ちしています。

目次

プロダクト開発の組織づくり

「体験」にコミットするチームと「仕様」にコミットするチーム
  • 受発注的な構造になることがある内製の開発チームは、仕様ではなく体験にコミットし、顧客視点を持ってほしいという話。
一人プロダクトマネージャーからPM組織へ拡大していくために重要な3つのポイントとは?
  • 組織やサービスがスケールするにつれて、PMも組織化していく必要がある。タイミングや他部署とのコミュニケーションのポイントなど押さえておきたい3つの視点を解説。
毎週10個以上の施策を実現するための主体的開発チーム作り
  • プロダクトオーナーがボトルネックになっていた状況をいかに脱し、プロダクト開発の高速な仮説検証をどう実現したかについて。
急成長組織にPdMはどう向き合う?「納得感」を保つプロダクトづくり
  • プロダクト開発で全員が「納得感」を持って進むのは難しいが、SmartHRではどのような取り組みが行われているのか。同社PMが語るインタビュー。
DXの成功には「プロダクトマネジメント」が欠かせない理由
  • 「DXを進める日本企業はプロダクトマネジャーを置くべき」という及川卓也氏。日本企業の事業におけるプロダクトマネジメントの役割、チームのあり方とは。

プロダクトの成長

アウトカムにつなげるIssue管理 - OKRとKPI(NSM)とPBL
  • 施策の優先順位付けが難しい、プロダクトのアウトカムが抽象的で具体的にどう施策に落とし込んだらよいか分からない、という課題を解決する提案。
プロダクト愛を持って短期の売上よりもUXを選択するプロダクトマネージャー
  • PMがプロダクト愛を持つことで短期の売上ではなく中長期的なプロダクト資産に目を向けられるという話。フリーランスのPM兼エンジニアのSoya Tanakaさんのインタビュー。

アジャイル開発

「ユニコーン企業ではスクラムをやっていない」について考える
  • 書籍『ユニコーン企業のひみつ』の紹介。書籍では特に深く触れられていない「ユニコーン企業ではスクラムをやっていない」という部分を筆者視点で読み解いた話。

あのプロダクト・企業の事例から学ぼう

開発爆速化を支える経営会議や週次定例の方法論 〜LayerXの透明性への取り組みについて〜
  • CEOの松本勇気さんの記事。意思決定と開発の速度を高めるために、LayerXが意識している開発組織づくりについて。
きみはCREを知っているか?メルカリの安心・安全を支える技術について聞いてきた!
  • メルカリのCREの仕事を覗き見るインタビュー記事。PM、カスタマーサクセスと連携してユーザーの声を分析し、「お客様の安全・安心を支える機能」を作っているという。

UI/UX

なぜディレクターはUXを分解・言語化しなくてはいけないのか?クソゲーが生まれてしまう原因
  • ゲームディレクターが語る、UXの言語化が必要なわけ。ひいては、プロダクトの先にあるユーザーへ興味関心を広げる必要があるという話。
行政サービスにおける“デザインシステム”とは何か
  • “デザインシステム”とは何か?包括的に理解を深める記事。Goodpatchの行政デジタル化リサーチチームによる連載。
PM and UX Have Markedly Different Views of Their Job Responsibilities(英語)
  • UXデザイナーとプロダクトマネージャーの業務分担についてどう考えているか、欧米での調査結果。初期のプロダクトデザインなど、多くの業務で意見が分かれていることが明らかに。

プロダクトマネージャーのキャリア

スタートアップでPdMになるために役に立った6つの本
  • SaaSスタートアップ企業に勤める筆者が、未経験からPMになるにあたって参考になった書籍を紹介。

プロダクトマネージャー向けイベント情報

PM向けイベントカレンダー
  • プロダクトマネージャーの方に役立ちそうなイベントや勉強会の最新情報をカレンダーにまとめています。

▼5月のProductZineウェビナーはこちら

【5/20開催】PMが集まるコミュニティからプロダクト作りのヒントを学ぶウェビナー
  • 日時:5月20日(木)19時~20時30分
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 登壇者:「プロダクト筋トレ」より小城久美子さん(Tably)、伊藤景司さん(まごチャンネル)、小野郷さん(PETOKOTO)、「PMJP」より大倉悠輝さん(カオナビ)
  • 申し込みフォームはこちら

★編集部へのフィードバックをお寄せください

 ProductZineは読者の皆様によりよいプロダクト開発の情報をお届けできるよう、改善を続けてまいります! ご意見・ご感想・ご要望はこちらのアンケートフォームよりお寄せください。お待ちしています。

この記事は参考になりましたか?

ProductZineホットトピックまとめ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/250 2021/06/02 14:03

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング