ProductZine(プロダクトジン)

一度頓挫したプロダクトチームを復活させたメンバーのマインドと、信頼を取り戻し社内で応援されるに至るまで

新規プロダクト開発における陥りやすい罠とその善後策 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この連載では、Goodpatchの自社プロダクトを手がけるプロダクトチームが、開発現場で起こるあるあるの失敗談を対談形式でお話ししながら、新規プロダクト開発における陥りやすい罠とその善後策をお届けします。第2回は、信頼が失われた中でStrap開発をしていく苦悩や、チームの縮小によるリソース不足・前回の失敗経験を踏まえチームで取り組んだことについてをお届けします。(編集部)

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大竹 智史(株式会社グッドパッチ)(オオタケ サトシ)

    株式会社グッドパッチ Product div. プロダクトマネージャー。 2017年にグッドパッチに入社。デザインパートナー事業にて、BtoB SaaSのグロース、BtoCマーケットプレイスのプロダクトの立ち上げ、大手製造業の商品企画(エスノグラフィ調査/コンセプト立案)を担当。2018年グッドデ...

  • 西山 雄也(株式会社グッドパッチ)(ニシヤマ ユウヤ)

    株式会社グッドパッチ Product div. エンジニアリングマネージャー。 慶應義塾大学環境情報学部卒業後、インターネット普及期からスタートアップを中心にWebアプリケーション開発に従事。フリーランスのフロントエンドエンジニアとして新規事業に参加したことをきっかけに、2017年にグッドパッチに...

バックナンバー(新着順)

連載:新規プロダクト開発における陥りやすい罠とその善後策
All contents copyright © 2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5