SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

「いまさら聴いても遅い!」とならないためのユーザーリサーチのタイミングとコツ ~プロダクト開発 初期~

仮説検証インタビューでインサイトを導き出すには?(準備編)

「いまさら聴いても遅い!」とならないためのユーザーリサーチのタイミングとコツ ~プロダクト開発 初期~ 第3回(前編)


 「顧客課題の発見」の次は、その課題(悩み・困りごと・ニーズ)を具体的に想定し、課題が本当に存在するのか、それは深刻な課題なのかをインタビューで検証するステップになります。その際、周囲の人をつかまえて「●●に困っていますか?」と顧客課題をダイレクトに訊いても、有効な回答は得られないでしょう。本記事では、DSR(デザインスプリントリサーチ)の事例を元に、仮説検証インタビューを効果的に実施するにはどうすればよいかを、2回に分けて解説します。

図1:プロダクト開発の4つのフェーズと主要プロセス(クリックかタップで拡大表示されます)
図1:プロダクト開発の4つのフェーズと主要プロセス(クリックかタップで拡大表示されます)

はじめに「顧客課題」に対して、ラフな解決策を考える

 顧客課題、つまり人々の「悩み・困りごと・ニーズ」のアイデアを出した後、すぐにその仮説を検証するのではなく、解決策の可能性を考えておきましょう。この段階では、解決策に独自性や具体性があることを深く意識する必要はありません。それよりも、顧客課題に対して自分たちがどう向き合うか、解決策にはどんな方向性があるのかをチームで考えることに注力します。といっても、具体例がないと分かりにくいので、ここからは実際にDSRチームの事例を基に解説します。

 DSRチームでは、「グループ旅行の幹事の困りごと」をテーマにアイデアを出しました。実際にグループ旅行の幹事になったつもりで意見を出し、その中から「初めて行く場所だと、予定どおりに行動できない人がいた場合にどうしたらよいか不安になる」という困りごと(顧客課題)を選び、解決策を考えることにしました。

MVPを設定し、そこに至るまでの思考・行動・感情を具体的に考える

 解決策を考えるにあたり、まずは「何がどうなったら、小さな成功と言えるか」という直近のゴールを考えます。MVP(Minimum Viable Product:実用最小限の製品)の元になる部分です。プロセスは割愛しますが、DSRチームでは「旅行メンバー全員の位置情報が分かり、連絡が取れる状態にあること」と設定しました。では、幹事がどのような思考や行動をたどれば「旅行メンバー全員の位置情報が分かり、連絡が取れることがうれしい」という状況になるのでしょうか。

 ここでは、スタート(最初の行動)から直近のゴールまでの間に、実際に起こりそうなこと(事象)や、想定顧客の思考・行動・感情の可能性を考えます。その中でも特に再現性が高く、深刻な事象/思考・行動・感情に着目して、その解決策を考え出していくことがプロダクトの種につながるのです。

図2:解決策を考えるためのフレームワークの一例
図2:解決策を考えるためのフレームワークの一例(クリックまたはタップで拡大表示されます)

次のページ
解決策の方向性やバリエーションは、はじめは広く捉えた方がよい

この記事は参考になりましたか?

「いまさら聴いても遅い!」とならないためのユーザーリサーチのタイミングとコツ ~プロダクト開発 初期~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平野 美和(株式会社ユニークルーパー)(ヒラノ ミワ)

株式会社ユニークルーパー 代表。Googleの「デザインスプリント」に精通し、プロダクト開発のリサーチを体系化する「DSR(デザインスプリントリサーチ)」を自社開発。リサーチはプロダクト開発のインプット情報と位置づけ、プロダクトマネージャーと並走するリサーチャーを自負する。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/2268 2024/02/19 16:36

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催