ProductZine(プロダクトジン)

社内での信頼関係、築けていますか?――他部署と経営陣に信頼されるプロダクトマネジメント

他部署と経営陣に信頼されるプロダクトマネジメント 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、「STORES プラットフォーム」でネットショップ開設サービスを始めとしたtoBのプロダクトを提供しているヘイ株式会社(hey)のプロダクトマネージャー陣にリレー連載の形式で、開発チームではなく、社内のビジネス部門や経営層との関係をいかに構築しているかを解説いただきます。第1回は「STORES」の事業責任者 御守さんから連載の背景と全体像について。(編集部)

目次

プロダクトマネージャーの本当の悩み

 本連載のテーマは「他部署と経営陣に信頼されるプロダクトマネジメント」です。プロダクトマネージャーが対面するステークホルダーの中で社外ではなく社内、その中でも特にビジネス部門や経営陣とのコミュニケーションや関係構築について扱います。

 近年、プロダクトマネージャーという職種の知名度も向上してきており、関連する記事や書籍、イベントも増えています。そこで頻繁に取り上げられるテーマとしては、プロダクトマネージャーの役割やキャリア、ユーザー理解やリサーチ、開発チームとの連携や開発プロセス論などが挙げられます。

 しかし、実際にプロダクトマネージャーが日々の現場で苦慮していて頭を悩ませているポイントは、もっと他のところにもあるのではないでしょうか。夜も眠れないほど悩む問題は、実は開発チームとのやり取りではなく、他部署や経営陣との関係性から生じている、というケースも多いと思います。

 例えば、プロダクトマネージャーとして、このような悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

  • カスタマーサクセス部門から、チャーン防止のための機能要望が大量に来て、対応しきれない
  • セールス部門から、大口顧客獲得のための特別対応を求められるが、技術負債となりそうで回避したい
  • 経営陣に、プロダクト開発の考えが伝わらず、実情に合わない指示が来る

 そのような悩みに対して、少しでもヒントを持ち帰っていただくことが、本連載のゴールです。heyのプロダクトマネージャー陣が「他部署や経営陣に信頼されるプロダクト開発」を実現するために工夫していることや、悪戦苦闘の経緯などを、なるべく具体的な事例を紹介していきたいと思います。

本連載で取り扱う課題

 具体的に取り扱う事例は下記を予定しています(内容や順番は変更になる場合があります)。

  • ビジネス部門から寄せられる開発要望にどう対応するか
  • セールスチームとプロダクトマネージャーが連携した大手顧客対応
  • ビジネス部門を巻き込んだロードマップ策定
  • オペレーション部門とプロダクトマネージャーの共同開発
  • M&Aを活用したプロダクト価値向上
  • 経営思想をプロダクト開発に組み込むには
本連載のスコープ
本連載のスコープ

 逆に、下記のような「他部署や経営陣との関係」に該当しない内容はスコープとしません。

  • ユーザー、パートナー企業、株主、社会などの「社外」との関係性
  • エンジニア、デザイナーなど、社内でも「開発チーム」との関係性

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 御守 一樹(ヘイ株式会社)(オンモリ カズキ)

    ヘイ株式会社 STORES事業責任者。東京大学工学部卒業後、グリー株式会社に入社。プロダクトマネージャーとしてソーシャルゲームの事業責任者、複数プロダクトの統括マネジメントを担当したのち、新規事業開発の後払い決済サービス立ち上げを担当。2020年ヘイ株式会社に入社、STORESにおけるPdM組織のマ...

バックナンバー(新着順)

連載:他部署と経営陣に信頼されるプロダクトマネジメント
All contents copyright © 2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5