SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

著者情報

蜂須賀 大貴(ハチスカ ヒロキ)

 新卒から一貫してメディア/エンタメ業界に従事し、プロダクトマネージャーとして、キー局、映画会社、VOD事業者をはじめとする多くのメディア企業のプロダクト/プロジェクトを担当。大企業、フリーランス、複業、スタートアップとあらゆる形態でのプロダクトマネジメントを経験

 現在はPIVOT株式会社にて、プロダクトマネージャー。

 また、Developers Boost 2019 におけるベストスピーカー賞 第二位など、主にアジャイル開発や働き方改革の領域での講演、ワークショップ、学生向け授業を実施。「アジャイル開発とスクラム 第二版」8章に寄稿。Developers Summit 2022コンテンツ委員。

Twitter:@PassionateHachi


執筆記事

  • シニアプロダクトマネージャーの思考整理術 ~アイデアをどう整理しているのか~

     「いつもどんな時間軸で考えている?」「ロードマップはどう考えている?」。ビジネス映像メディア「PIVOT」のプロダクトマネージャー蜂須賀さんが...

    1821_t.png
    8
  • あなたは本当にやりたいと思っているのか?──プロダクトマネージャーを志したら考えたい2つのこと

     「プロダクトマネージャーになりたい」という声が増えてきた一方で、所属する会社にプロダクトマネージャーのポジションが確立されていないことも多く、...

    1601_t.png
    2
  • 役職として名乗ることの重要性──プロダクトマネージャーを志したら考えたい2つのこと

     「プロダクトマネージャーになりたい」という声が増えてきた一方で、所属する会社にプロダクトマネージャーのポジションが確立されていないことも多く、...

    1600_t.png
    4
  • 「プロダクトマネージャーこそ、戦略的に読書せよ!」──最短で成果を出すための読書地図

     扱う領域が多岐にわたり、それぞれに専門性が必要とされるプロダクトマネージャー。日々の業務や意思決定の合間の限られた時間に、学習を進める必要があ...

    1212_t.png
    40

4件中1~4件を表示

戻る

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング