ProductZine(プロダクトジン)

プロジェクトの状況によって開発手法を戦略的に切り替え、チームの生産性を向上させる「バイモーダル開発手法」のすすめ

新規事業開発のための「プロダクト開発」の進め方 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/12/10 14:00

 プロダクトや事業に責任を負い、市場や顧客の状況を見ながら、「何を」「どのように」作るのかといった「プロダクト開発」の知見やスキルの重要性が高まっている昨今。不確実性に立ち向かうため、職種や役割の枠を越えて他者と協力し、いち早く試し、ユーザーにより多くの価値を提供する実践が必要となっています。本連載では、新規事業開発の支援を専業として、数千社以上を支援してきた実績がある株式会社Relicに、新規事業開発の観点から「プロダクト開発の課題・知見」をもとに、プロダクトづくりの失敗を防ぎ、より多くの成功をつかむための知見を共有いただきます。今回は馬場佳世さんに、プロジェクトの状況に応じて開発手法を切り替え、チームの生産性を向上させる「バイモーダル開発手法」を紹介いただきます。(編集部)

目次

はじめに

 開発手法にはそれぞれにメリット・デメリットがあり、プロジェクトの状況に応じて適切に開発手法を採択する必要があります。

 適した開発手法を採択できれば、プロジェクトの生産性を向上することができますが、誤った開発手法を採択した場合、本来不必要な調整のコストが発生し、プロジェクトの進行を大きく阻害する要因となってしまいます。

 特に開発初期フェーズではプロジェクトの状況が安定しておらず、適した開発手法の採択は難しく、開発手法の知見、新規プロジェクトの経験が必要となります。

 そこで、この記事ではRelicでこれまで、新規事業開発に特化した共創型エンジニアリングサービス「Digital Innovation Studio」で培った新規プロジェクトの開発の経験から開発手法採択時の課題と解決策、さらには開発手法を戦略的に切り替え、チームの生産性を向上させる「バイモーダル開発手法」を紹介します。

アジャイル・ウォーターフォール開発の特徴

アジャイル開発

 アジャイル開発は 企画・要件定義からテスト・リリースを短期間で繰り返す開発手法です。短期間で動くサービスを短期間で繰り返し提供できるため、関係者のフィードバックを元にサービスの方針を定め、開発内容を柔軟に決定することができます。

 その反面、1サイクルごとに企画・要件定義を行うため、最終的な完成物が分かりにくくなるデメリットがあります。

ウォーターフォール開発

 ウォーターフォール開発では企画、要件定義、リリースまでの工程を分割し、1工程ごとに完了させ、順に工程進める開発手法です。企画・要件定義段階でプロジェクトの全機能の仕様を決定し、一度完了した工程には後戻りさせないことによって最終的な完成物、開発スケジュールが正確になるのが特徴です。

 その反面、柔軟性が低く開発途中での仕様変更が難しいというデメリットがあります。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 馬場 佳世(株式会社Relic)(ババ カイセイ)

    東京工科大学コンピュータサイエンス学科卒業後、コロプラに入社。高トラフィックなビッグタイトルのシステムにおける機能追加・運用に携わり、事業成長に貢献する。2019年よりRelicに参画し、グローバルに展開するクラウドファンディング・ECプラットフォーム「ENjiNE」のインフラの設計・構築や開発をリ...

バックナンバー(新着順)

連載:新規事業開発のための「プロダクト開発」の進め方
All contents copyright © 2021-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5