SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineニュース

大日本印刷、アジャイル開発を楽しみながら学べるボードゲームの試作品を開発

 大日本印刷(DNP)は、システムやアプリケーションの開発に用いる「アジャイル開発」の手法の一つ、スクラム開発を体験できるボードゲームの試作品を開発した。

 「アジャイル開発」とは、小さな仮説から検証を進め、立証した事実を積み重ねることで、無駄を少なく技術や製品・サービスを成長させていく手法。その一種に、スポーツのラグビーのようにチームメンバー同士がタスク(業務課題)を分担し、それぞれの成果を持ち寄って開発を進めていく「スクラム開発」という手法がある。

 今回、エンジニア以外にも教育の幅を広げ、実務につなげることを目的として、アジャイル開発の初心者がゲーム感覚で楽しみながらスクラム開発のポイントを体感できるボードゲーム「スクラムが体験できるボードゲーム~目指せスクラムマスター~」を試験的に開発し、5月に社内教育での活用を開始した。アジャイル開発ボードゲームのおもな特長は以下の通り。

  • スクラム開発でよく使われる用語(スクラムマスター、スプリント、バックログなど)を使用することで、意識しなくても各用語への理解が深まる。
  • アジャイル開発/スクラム開発では、最終目的の達成に向けて、できるだけ早く小さい成果物を積み重ねることが必要。ゲームを通じてそのプロセスを経験することで、アジャイル開発/スクラム開発の本質の理解につながる。
  • スクラム開発の阻害要因(開発者の体調不良などによる人材確保や体制構築の困難さなど)が、ゲーム中にランダムに発生するようにしているため、現実でも起こりえるリスクを学ぶことが可能。
  • ゲームのプレイ回数を重ねることで効率的にスクラム開発のプロセスを回せるようになり、自然と上級者として必要なスキルやマインドセットを得ることができる。
「スクラムが体験できるボードゲーム~目指せスクラムマスター~」イメージ
「スクラムが体験できるボードゲーム~目指せスクラムマスター~」イメージ

 同社では、生活者にいち早く新しい価値を届けるため、これまでも多くの企業などのソフトウエア開発のほか、自社で提供しているDNPソーシャルアクションサービス「May ii(メイアイ)」やDNPアスリート支援プラットフォーム「CHEER-FULL STADIUM チアスタ!」などでアジャイル開発の手法を取り入れてきた。また、2022年5月よりシステム開発に携わる社員に「スクラム開発」の教育を行い、2022年4月までに200名を超えるScrum Alliance認定資格者を育成している。

 今後同社は、社外向けワークショップの実施やイベントへの出展などで利用者のフィードバックを得ながら、スクラム開発の教材やアジャイル開発のコンサルティングメニューとしてのサービス提供を目指すほか、オンライン対応や簡略版など、多くの利用者に気軽にプレイしてもらえるようなゲームを開発していく。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1056 2022/05/23 14:15

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング