SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZineニュース

Helpfeel、ナレッジ共有サービス「Scrapbox」の名称を「Helpfeel Cosense」に変更

 Helpfeelは、同社の提供しているナレッジ共有サービス「Scrapbox」の名称を、5月21日に「Helpfeel Cosense(ヘルプフィール コセンス)」に変更した。

 Scrapboxは、手軽に知識をアウトプットできるドキュメント共有サービスとして、2016年にサービス提供が開始されている。個人および組織のナレッジ蓄積/活用ツールとして利用されているほか、AI技術を活用したFAQ検索システム「Helpfeel」のナレッジ編集/蓄積環境としても用いられる。

 一方で、Scrapboxという名称からは人とのつながりが想起しにくく、同サービスの本質的な価値を十分に伝えられていないというジレンマを抱えていたことから、社会問題である情報格差の解消に向けてScrapboxの「ナレッジによって人や組織を豊かにする」というコアバリューをより明確に伝えるべく、今回の「Helpfeel Cosense」への名称変更に至った。

 今回のサービス名称変更にあわせて、ドメインやロゴの変更も順次行われる。なお、今回のサービス名変更にともなう、提供サービスやプランの変更は実施されない。

 新名称であるHelpfeel Cosenseは、個人がもつ感覚・経験値を組織に共有して、共通(Co)の感覚(Sense)にしていく。ナレッジの蓄積だけに終始せず、組織全体でのダイナミックな循環を生み出して、強い風土を育てていく……といったストーリーに基づいて命名されたという。Helpfeel Cosenseのロゴには、CosenseとScrapboxのイニシャルも感じられるデザインが織り込まれている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

ProductZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ProductZine編集部(プロダクトジンヘンシュウブ)

「プロダクト開発」にフォーカスしたオンラインメディアです。プロダクトマネージャーや、プロダクトマネージャーを目指す方をはじめ、チームメンバーや事業責任者、テックリードなど、プロダクト開発を「正しく」進めていきたいすべての人のために、プロダクトマネジメントに関するあらゆる知見をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/2618 2024/05/22 11:30

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング