SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

「SaaSプロダクトの実例から学ぶプロダクトマネジメントの実践的な考え方」一覧

  • AIに代替されない技術:定性調査のコツ(前編)──調査の信頼性を高めるには?

     プロダクトマネージャーやディレクターが企画を立てるにあってプロダクトディスカバリーは重要ですが、そこには定量的・定性的の2つの側面があります。...

    2593_t.png
    4
  • Time to Valueの高速化の方法論

     脱炭素・サステナビリティ経営のためのCO2排出量見える化SaaS「アスエネ」では「Time to Valueの高速化」に組織で取り組んでいます...

    2073_t.png
    5
  • Time to Valueを高速化する上で欠かせない、未知のビジネスドメインへの向き合い方

     社会環境や顧客ニーズが目まぐるしく変わる昨今は、プロダクトに触れたユーザーが価値を感じるまでの時間(Time to Value)の短縮が欠かせ...

    1989_t.png
    3
  • プロダクトマネージャーにとって「機能を磨く」とは何か? B2BビジネスにおけるKPIの立て方とは

     BtoBプロダクトのKPIを「収益に貢献する契約数」とするのは、ビジネス視点では間違いではありませんが、プロダクトマネジメントの観点では適切で...

    1874_t3.png
    6

4件中1~4件を表示

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング