SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ProductZine Dayの第2回開催です。

ProductZine Day 2024 Winter

ProductZine Day 2024 Winter

「Product Leaders 2023」レポート

Amazon出身のヘルステックスタートアップCPOが語るプロダクトビジョンの描き方と、それを実行する方法

「Product Leaders 2023」レポート

 日本CPO協会は2023年11月8日、オンラインで「Product Leaders 2023」というイベントを開催した。本稿では、ヘルステック企業HomageのCPOでCPO協会理事の花井梓氏と慢性疾患患者のための食事サポートプラットフォームSeason HealthのCPOであるノア・レビン氏の対談セッション「事業を成長させるProduct Visionの描き方」について紹介する。

編集部注

 記事掲載時点(2023年12月)では、当該セッションについては未公開だが、イベント登録者にはEventHubで順次公開が予定されている。

Season HealthのCPO Noah Levin(ノア・レビン)氏(左)と、聞き手となったHomage 執行役員 CPO COO/日本CPO協会 理事 花井梓氏(右)

Season HealthのCPO Noah Levin(ノア・レビン)氏(左)と、

聞き手となったHomage 執行役員 CPO COO/日本CPO協会 理事 花井梓氏(右)

プロダクトビジョンは仮説と対話によって時間をかけて描いていくもの

 花井氏とレビン氏はAmazonの食料品チームで一緒に働いた元同僚で、当時Amazon Fresh Primeの主要プロダクトを担当していた。その後Amazonが食料雑貨チェーンのWhole Foods Marketを統合し、レビン氏はその組織全体のプロダクトリーダーとして活躍していた。そして2年ほど前にスタートアップであるSeason Health(以下、Season)に参画した。

 Seasonは食品を医療の一部として提供するプラットフォームだ。特に糖尿病や腎臓病、高血圧、うっ血性心不全など食品関連の慢性疾患が多いアメリカにおいて、食品をヘルスケアに取り入れることが重視されている。しかし、食品と医療の結びつきは十分ではなく、クリーンなAPIがお互いにないという問題があり、Seasonではそれを解決するプロダクトを展開している。

 レビン氏は元々プロダクトマネージャーを目指していたわけではなかった。大学時代は舞台照明デザインに情熱を傾け、後にビジネススクールに進学する。2011年にはAmazonでのプロダクトマネジメントのインターンシップを経て、事実上のプロダクトマネージャーになった。

 10年以上Amazonにいて、2年ほど前にアーリーステージのスタートアップであるSeasonに移ったことは、レビン氏にとって大きな転機であった。当時Amazonの従業員数は120万人、Whole Foodsは約9万人で、レビン氏はSeasonの21番目の従業員だった。

 入社早々、Webサイトのランディングページを変更するアイデアが生まれ、CTOが即座にそれを実現させたのをレビン氏は目の当たりにし、「私は入念な調査や上司の承認が必要だと思い込んでいましたが、この小さなスタートアップでは、自分たち以外に頼る人はいないということに気づき、とても爽快な気分になりました。自分にはこの環境が必要だったと感じたのです」と語った。

 花井氏はレビン氏にプロダクトリーダーたちが抱える悩み「どのように説得力のあるプロダクトビジョンを設定し、それを目標に変換し、そして実行するのか」を尋ねた。

 Seasonのプロダクトビジョンの設定は成功したものの、そのプロセスは複雑で混沌としていたという。レビン氏は「ビジョンは最初にすぐ描くものではなく、強い仮説として扱い、必要に応じて柔軟に変更するべき」だと語る。起業の初期に確固たるビジョンで始めると、すぐに変更が必要になることもある。レビン氏はSeasonに入社してから2年間で、栄養と慢性疾患に関する明確なビジョンを設定したが、多くの分岐点をまとめるのに苦労した。

 また、ビジョン設定には対話も重要で、自分たちが何をしようとしているのかを説明する際に対面でリアルタイムのフィードバックを得ていった。レビン氏は異なるやり方を試し、次第に人の心に響くような言葉に収束していき、「栄養に関連した慢性疾患で誰も苦しまない世界を創造する」というビジョンにたどり着いた。

 ビジョンがあるだけではプロダクトは生まれず、ビジュアルやプロトタイプ、文書化されたプロダクトの概要などが必要だ。レビン氏は「プロトタイプを作ることに勝るツールは他にないと思います。私は可能であればとにかくプロトタイプを作るようにしています」と述べた。

次のページ
ビジョンは人を鼓舞し、正しいプロダクトを作る指針となる

この記事は参考になりましたか?

「Product Leaders 2023」レポート連載記事一覧
この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務やWebシステム開発事業を展開する会社・アンジーを創業。編集プロダクション業務においては、IT・HR関連の事例取材に加え、英語での海外スタートアップ取材などを手がける。独自開発のAI文字起こし・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/2237 2023/12/14 10:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催

イベント

ProductZine Day&オンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング

  1. 1
    実例から学ぶ新規プロダクト立ち上げからリリースまでのリアル──スケジュールを先に決めない、PRしない NEW
  2. 2
    電通、AI×クリエイティブで事業・サービス開発を支援する「AIQQQ STUDIO」の提供を開始 NEW
  3. 3
    「2024年 デジタルエクスペリエンス・ベンチマークレポート」公開、Webサイトのトラフィックとコンバージョンが減少傾向
  4. 4
    Relic、ボードゲーム「イントレプレナー・オンボーディング」を活用した企業向け研修/ワークショップの本格提供を開始 NEW
  5. 5
    泥臭く語るUIデザイン会、ベイジの代表取締役・枌谷力氏に「LTVから考えるUIデザイン」を語ってもらうセミナーを3月19日に開催 NEW
  6. 6
    「じゃらんnet」アプリのリニューアルを担当したPMがプロダクト改善のナレッジを語るオンラインイベントが3月14日に開催
  7. 7
    膨大なVOCの分類・分析の工数が150時間から2時間へ─生成AI活用によるプロダクトマネジメント業務の効率化と新たな可能性
  8. 8
    強いソリューションにするために、徹底的に顧客理解を深めよう
  9. 9
    STORESのCPOとPMがプロダクトマネジメントの取り組みについて語るイベントが3月14日にオンライン開催 NEW
  10. 10
    ニジボックス、デザインカンファレンス「UI UX Camp! 2024」を、オフラインとオンラインの両方で3月20日に開催