SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

次回のオンラインセミナーは鋭意企画中です。準備が整い次第、お知らせいたします。

ProductZineオンラインセミナー

ProductZineオンラインセミナー

特集記事(PR)

企業のDX推進に「デザインとエンジニアリングの連続性」という視点が欠かせない理由

 「Business×Design×Technologyの力で世界の進化を支える」をミッションに、企業のイノベーションと新規事業創出を支援するサービスを提供するアイスリーデザイン。同社は現在、主にDX推進を目指す大企業を対象として、DXマネジメント人材育成、デジタルプロダクトや新規事業の開発支援、イノベーションに向けた組織変革を一気通貫で支援する「アイスリー式 変革支援プログラム」を展開している。同プログラム、特に技術(Tech)領域での主な支援内容や、それが企業のDXにどう貢献できるのかについて、同社の代表取締役である芝陽一郎氏と、執行役員の山本真吾氏に聞いた。

DX推進の上流から組織変革、新規事業創出、プロダクトの企画・開発・運用を一貫してサポート

──最初に「アイスリーデザイン」の企業概要をご紹介ください。

:当社(株式会社アイスリーデザイン)は現在、主に大企業のDX推進に関連して、上流のビジネスコンサルティングから、新規事業創出、組織変革、実際のプロダクトの企画、開発、運用までを一貫してサポートする事業を展開しています。この業態が中心になったのは、比較的最近で、2011年からになります。正確には2006年の設立時は別の事業をやっていましたが、2011年にデジタルマーケティング領域のSaaSベンダーとしてスタートし、現在の事業にピボットしています。

 当初は、オンリーワンポジションのサービスでしたが、テクノロジートレンドの変化などの要因もあり、売上が頭打ちになる中で、並行してクライアントワークも請け負うようになります。もともと、自社でプロダクトを作っていたので、エンジニアリングやデザインを含む、プロダクトづくりのスキルとノウハウを持っていたのです。

 ただ、クライアントが事前に作った要求どおりに開発をし、納品をして終わりといった、いわゆる旧来型の「受託開発」的な案件については、「言うとおりに作ってはみたものの、できあがりは微妙」な結果になってしまうことも多く、われわれとしても不本意に感じることが多くありました。

 そんなとき、あるクライアントから「御社の作るプロダクトは、UI/UXが優れていますね」という評価をいただきました。われわれとしては、指摘されるまで、あまり自覚していなかったのですが、自社プロダクトを開発する中で、UI/UXの重要性については常に意識をしており、それがクライアントワークにも生かされていたのだと思います。

 そこで、改めて「質の高いUI/UX」をわれわれの強みと捉え、クライアントワークにおいても、コンセプトや企画づくりの段階から参画し、UI/UXに優れたプロダクトづくり、運用までを一貫してお手伝いするという現在の業態へシフトしました。

株式会社アイスリーデザイン 代表取締役 芝陽一郎氏
株式会社アイスリーデザイン 代表取締役 芝陽一郎氏

次のページ
DXに向けた企業の組織変革に伴走する「アイスリー式 変革支援」とは?

この記事は参考になりましたか?

特集記事連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高橋 美津(タカバシ ミツ)

PCやネットといったIT分野を中心に、ビジネスやゲーム分野でも執筆を行うフリーランスライター。Windowsユーザー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

ProductZine(プロダクトジン)
https://productzine.jp/article/detail/1309 2022/10/05 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ProductZineオンラインセミナーは、プロダクト開発にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「ProductZine(プロダクトジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々のプロダクト開発のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング